日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『孤独のグルメ 』胃袋が大混乱

『孤独のグルメ Season6』第8話 中華系の羊……? 想像のつかない味で視聴者の胃袋が大混乱

 いろいろとメニューを読むゴローちゃんですが、中華料理ならではの、文字だけでは想像できないもの多数。「アウトオブ想像力……」という言葉が出るのも当然です。

 かくして、ようやく決まったファーストオーダーは、ラム肉と長ネギ炒め、ラム肉焼売、白身魚とラム肉のスープ、白いご飯。加えて、オススメの3番。そこに薬味の醤も3種類まとめて注文です。

「吉と出るか、凶と出るか……」

 いやいや、いつも大満足で食べているんだから、今回も大丈夫でしょ。

 果たして、この店、配膳は結構早い。瞬く間に注文したメニューがテーブルに並びます。

 ここで気づくのは、けっこう白いご飯の量が多いこと。この時点で早くも頼みすぎているような気も。

「おお、すごい。テーブルに羊の群れだ」
「まずは、大将から頂こう」

 箸を付けるのは、ラム肉と長ネギ炒め。

「おお、よしよし、中華の炒めもの界に、まだこんな逸材が隠れていたのか……」

 これは、ご飯も進む味。見るとご飯は、麦ご飯ではありませんか。

「やっぱりドンピシャ、麦飯ってのも案外いいぞ……」

 ああ、とんでもないスピードで、ご飯が……。

「ほうら、これは間違いないヤツだ」
「ここで醤投下……」

 長ネギ炒めに投入されるのは、山椒しょうゆ。

「初めてだが、使える……」

 今回のゴローちゃん。スゴく駆け足で満足に至っている感じです。

 続いて手を付けるラム肉焼売は、黒酢で。

「こいつはたまげた。いわゆるシュウマイとは別物。こいつは確かに羊、だがうまい……」
「ラムで点心。そんなワザがあったのか、まるで底なし沼だ」

 ううむ、見ているほうは、まったく味が想像できません。ただただ、うまいことだけはわかります。もう視聴者の脳内は「いつ、この店に行こうか」だけなのではないでしょうか。

 ここで「何にかけてもおいしい」といわれた山椒しょうゆを、白ご飯にかけるゴローちゃん。一気にご飯は進みます。

「俺は今、猛烈に感動している。衝撃の山椒しょうゆご飯……」

 いや、いったいどんなうまさなんだ!? 続いて手をつけるキノコの醤もおいしそうだけど、味の想像がつきません。そんな感じに視聴者を置いてけぼりで、ゴローちゃんの箸は進みます。


123
こんな記事も読まれています

『孤独のグルメ Season6』第8話 中華系の羊……? 想像のつかない味で視聴者の胃袋が大混乱のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

ジャイアント白田を直撃!

さあ、今週もやってきました深夜の飯テロの時間。今週のゴローちゃんこと井之頭五郎(松重豊)...
写真