日刊サイゾー トップ > その他 > ウーマン・ウェジー  > 【官能小説】逃げる乳首
【messy】

【官能小説】セミダブル千夜一夜/第三夜 逃げる乳首

(C)河井克夫
(C)河井克夫
しぇー子はまた家にやってきた。深夜にメールがあり、飲みに行って帰れなくなったので泊めて欲しいということだった。もはや、当然のような顔でやってくるので、これは一種の「彼女ヅラ」ではないかと思う。俺も当然のように、やってきた彼女にキスをし、体を求めるが、しぇー子は相変わらずそれを許そうとはしないのだった。

しぇー子は、やはり当然のような顔で俺の家のTシャツとスウェットを着て、当然のように俺の家のセミダブルベッドに横たわっている。俺も彼女の隣に横たわり、彼女に覆いかぶさると、その胸に手を伸ばした。

「だめ。」
「だからなんでだよ」

「俺のことが嫌い?」
「嫌いだったら来ないよ。」
「じゃあ、なんで」

「ねえ、『俺』っていうのなんで?」

急に言われ、俺は戸惑った。

「え?」
「『ぼく』とかじゃだめなの?」

なんだそれ、と思った。そして、そういえば俺は、いつから俺のことを俺と呼ぶようになったのだろうと一瞬考え、いやそんなことはどうでもいい、やはり俺はこの女に弄ばれている。と考え直し、しぇー子の顔を睨むと、しぇー子はいたずらっぽく微笑んでいる。

ついまた、しぇー子の手の内に入ってしまった俺は、その笑顔を睨みつけたまま言った。

「…ぼくのこと、嫌い?」

とたんにしぇー子は笑い出した。

「ぎゃははは、やだー、すごい女々しい~。」

女々しくさせてるのは誰だ、とまた俺は腹を立てたが、なぜかしぇー子のこういう返しに乗ってしまうことに喜びを感じる俺もいた。俺はなおも重ねた。

「あたしのこと、嫌い?」

しぇー子はなおも笑って、言った。

「ぎゃははは、それいいね。かわいい。」

「あたしのこと嫌い? ねえ! 答えて!」

言いながら俺はしぇー子の胸をまさぐる。しぇー子はまた腕でそれをガードしながら言った。

「やめてやめて。いま、生理前で、乳首張ってて痛いから。」

俺は、慌てて手を引っ込めた。

「あ、そうなの?」
「うん、眠いし。」
「眠いのはいつもだろ。でも、あれじゃないの? 生理前はむしろしたくなるもんじゃないの?」

いやらしいな俺、と思いながら、そう言って恐る恐るまた手を伸ばしてみた。

「えー、そういう話も聞くけど、あたしはどうかなー。」

しぇー子は俺の手を退けながら、またシーツに体を潜り込ませた。

俺は気を削がれ、伸ばした手を引っ込めると、自分のあごの下をぼりぼり掻いた。しぇー子は顔の半分をシーツに埋め、黙っていたが、しばらくすると

「ねえ、またお話ししてよ。笹王さんのエロ話、あたし好きだよ。」

と言った。

「俺より、俺の話のほうが好きってか。」
「あたしの、でしょ。」
「あたしより、あたしの話のほうが好きっていうの?!」

 しぇー子が笑い転げた。

 俺は「あたし」になって、乳首の話を始めた。

改ページ

(C)河井克夫
(C)河井克夫
2週間ぶりに会った彼は、「疲れた」しか言わず、バーから移動するタクシーの中でもずっと不機嫌そうに黙っていたが、あたしの部屋に入った途端、後ろから抱きつき、あたしの体を求めてきた。ああやっぱりそうだ。この人はもはや、あたしのことは好きでもなんでもないけど、自分のストレス解消のため、こうしてたまにあたしの体を貪りに来るのだ、と悲しくなった。

でももっと悲しいのは、それがわかっていながら、彼の求めを拒むことができないことで、なぜなら、彼はあたしの体を知り尽くしていて、あたしは失望しながらもこの2週間、彼の愛撫を、待ち望んでいたのだった。

部屋に入ってソファーに荷物を置こうとかがんだ腰を、いきなり強く後ろから抱きしめられた。半笑いで振り向いたあたしの唇は、唇で塞がれる。熱い舌がするっと這入りこんで来て、たちまちあたしの舌を絡めとる。不意に訪れた陶酔に、体から、つい、力が抜け、笑顔も消える。

彼の右手が上に這い登り、シルク地のカットソーの上から乳房が強く掴まれた時、彼の右手の中指は、ブラジャー越しに正確にあたしの乳首の先を捉えていた。乳首が驚いたように反応し、たちまち硬くなったのを感じ、あたしは快感と恥ずかしさでつい声を漏らした。

無言のまま、ベッドまで促され、服を脱がされる。手慣れた感じでブラジャーが外されると、さほど大きくもない乳房の膨らみの上で、先ほど驚いた乳首がそのまま強張って、彼の愛撫を待つかのごとく、かしこまっているようだった。先端は先ほどの刺激からずっと、疼いているし、まだ触れられてないほうの乳首も、期待するかのごとく尖り始めていた。もうこの男とは別れたいのに、なぜ体のほうはこんなに隷属的なのか。そんな思いを見透かしたように、彼は薄笑いを浮かべながらあたしの体を一瞥すると、自分も着ていたシャツを乱暴にかなぐり捨て、あたしの上に覆いかぶさった。

彼の唇が再び顔に近づいてきて、浅ましくもあたしの唇が迎えに行こうとすると、それを見越したようにふいっと横に逸れ、首筋に吸いついた。舌がゆっくりと首筋を這い、それに沿うようにとろけるような陶酔が染み渡った。そして鼻で髪をかき分けるようにして、隠れていた耳たぶを唇で捉えると、「待ってたんだろ」と囁き、耳の穴に、舌をちゅるん、と滑り込ませた。

その通りだ。嫌悪感と快感が混じった得体の知れないものがぞくぞくっと全身を突き抜ける。まるでそれに応えるように鼻から荒い息が漏れ、あたしはまた恥ずかしくなった。

彼は鼻であたしの耳をあしらうようにくすぐりながら、首筋を味わうように舐った。くすぐったいような切ないような快感に、あたしがつい、体を大きくのけ反らすと、その隙に彼の左手がベッドとあたしの間に入り込み、背骨に沿って滑り降りていく。左手が腰のあたりに落ち着くと、やにわに右手が前に回り、あたしの小高く膨らんだ左の乳房を、下からすくい上げるようにぐい、と掴んだ。そして、ゴム鞠を弄ぶかのように、5本の指をうねらせて乳房全体を大きく何度か揉みしだいたが、その頂で疼いている乳首には、わざと指が触れないようにしているようだった。あたしはたまらなくなった。

「あっ…あふっ、…んんっ…」

揉まれるたびに、自分の鼻息だけが乳首にかかって、それが切なさと期待を増した。先ほどブラジャーの上から一瞬触れられたことで、スイッチが入ったようで、彼の手がぎゅっと力を加えるたびに、熱を伴った疼きが、乳房全体から、乳首に向かって、押し寄せる。もう片方の乳房も同じようにされて、あたしの両乳首は敏感さそのものが凝縮されたようになり、一触即発になった。

やっぱりこの人は一番あたしの体を知っている。全身の中で乳首が一番感じることも早い段階から見抜き、それを弄ぶことであたしの体を支配してきたのだ——

(さわって欲しい…強く、つまんで…捻って…)

あたしの心を読んだように、彼の5本の指が左乳房の下から蜘蛛が近づくように徐々に這い登ってきて、その一つが乳首の根元に触れた。

と、その瞬間、

乳首がその指を避けるように、1センチほど移動した、気がした。

あたしの乳首の位置を正確に把握しているはずの彼の指が、戸惑うのがわかった。指は乳房の稜線を確かめるようにさらに這い、再び乳首に行き当たった。と、乳首がまた逃げた。

それまで唇であたしの耳を甘噛みするのに忙しかった彼が、さすがに不審に思ったのか、顔を離した。あたしは自分の胸元を見遣った。堆く盛り上がった左の乳房のてっぺん、ピンク色にぼかされた乳輪の中央に鎮座しているはずの乳首は、そこから数センチ横にあった。

あたしは、横のシーツを引っ張って慌てて体を隠して彼に言った。

「今日はごめん、ちょっと気分じゃなくて。」

彼の顔は疑問符でいっぱいだったが、その疑問を確かめる勇気もなかったようで、「あ、うん」と体を離した。彼は脱ぎ捨てたシャツの胸ポケットから煙草を取り出し、加えようとしたが、思い直してそれを元に戻し、

「今日、帰った方がいいかな、俺。」

と弱々しく言った。あたしが黙って頷くと、彼は服を着ると、何か申し訳なさそうに背を丸めて、部屋を出て行った。玄関のドアが閉まる音が聞こえた。

マンションの廊下の足音が遠ざかるのを確認してから、あたしは、おそるおそるシーツをめくって自分の胸元を見た。乳首は見慣れた、元の位置にあった。

あたしは安心して、裸のままベッドに体を起こした、しかし、先ほどまでの彼の愛撫で高まった欲求がまだ体に残っているのか、体がまだ火照っているような感じがあった。乳首も、熱を持ってしこったまま、その存在を主張しているようだ。あたしは自分の指を左の乳首に伸ばした。

爪の先で乳首をつつくと、軽い快感が走ったが、それと同時に、触れた反対の方向に乳首がすっと移動した。皮膚と肉との間にパチンコ玉が挟まっているかのように、乳首の「芯」というべき部分が、乳輪で色分けられた部分の外に押し出されるように動いたのだった。

不思議だったが、一方で、さほど驚いていない自分がいた。今度は、反対側から乳首を弾いてみた。やはり皮膚を隔て、乳首は逃げるように数センチ移動した。あたしはなんだか楽しい気持ちになって、猫がじゃれるように、指で、皮膚の下をコロコロ逃げ回る乳首を追い回した。楽しいのもさておき、乳首の芯が、皮膚と乳房の脂肪の間でこすられて刺激され、動くたびに痺れるような快感が走り、とても気持ち良かった。右の乳首も同様に転がしてみた。やはり乳首は逃げたが、左より反応が鈍いのか、形が幾分ひしゃげているせいのか、皮膚の下を転がる距離も右に比べて短かったりしたが、それも楽しかった。皮膚の下を這い回る乳首は、それ自体が生き物のようで、皮一枚隔てて乳房を這い回るのはくすぐったいような切ないような、言いようのない感覚だった。

あたしは夢中になって、自分の両乳房を揉みしだき、二つの乳首が指の間から逃げるのを楽しんだ。たまに爪で弾いたりするのも気持ち良かった。乳房の両丘の外のエリアにはいかないようになっているらしく、乳房のふもとまで追い詰めた乳首は、麓のラインに沿ってするりと逃げた。たまに両乳首が中央でぶつかる時があって、その瞬間は電流が走るような快感を得たが、故意にそれをやろうとしてもうまくいかなかった。

「そう…そこ…、そっち…そっちは駄目…。ああ…気持ちいい…。」

あたしは興奮していた。吐息が漏れ、乳首の移動に比例するようについ腰が動き、内腿を擦り合わせた。パンティは履いたままだったが、その下がぐっしょり湿ってきているのもわかっていた。

彼の愛撫の何倍も気持ち良かった。あたしが、彼の与える快感からなかなか逃れられないので、乳首が率先して逃げてくれたのかなと、快楽の中、ぼんやり思った。

どうしようもない、たまらない感覚が体を支配していた。今まで乳首への刺激だけでいったことはなかったが、もうちょっとでいきそうになっていた。あたしは脇の下から、乳房を囲い込むような形で手を大きく広げ、麓から先端に向かって絞り出すようにゆっくりと指で押し出していった。逃げ場を失った両乳首はもともとそれがあった位置まで追い詰められると、ふたつ同時に、親指と人差し指に捉えられた。先端が痺れるような刺激があった。乳首が自分できゅんっと声を上げたような気がした。

自分の両乳首をやっと捕まえたあたしは、それを指で強く捻り上げた。

「ああっ…」

ひねり潰された葡萄の果実から果汁が迸るように、身体中に快感が走った。

肌寒さを感じて気がつくと、軽く失神していたようで、裸のまま大の字で横たわっていた。ソファー横に置いてあるパジャマを取りに行く途中、ソファーに置いたトートバッグの中で携帯が光っているのが見えた。彼からメールが来ていたようだが、読まずにそのまま削除した。パジャマを着る時に胸元を見ると、両乳首はちゃんと元の位置にあり、試しにつついてみたが、軽い弾力で指を跳ね返すだけだった。もう逃げなくてもよくなったんだと思う。

「面白かった。じゃああたし寝るね。おやすみ。」

しぇー子はこちらに背を向けて、シーツに潜りなおし、言った。

「おやすみ」俺も相当眠くなっていたので、寝ることにして、シーツに潜った。

俺が寝入る瞬間、小さく、

「…笹王さんって、セックス本当にしたいの?」

というしぇー子の声が聞こえた。

--続く--

最終更新:2017/06/14 07:10
こんな記事も読まれています
関連キーワード

【官能小説】セミダブル千夜一夜/第三夜 逃げる乳首のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

サイゾーレビューすべて見る

集団左遷!!

TBS/日曜21:00~

銀行員・福山雅治が支店の立て直しに奮闘!

あなたの番です

日本テレビ/日曜22:30~

田中圭&原田知世が交換殺人に巻き込まれる!?

ラジエーションハウス

フジテレビ/月曜21:00~

月9初主演の窪田正孝が天才放射線技師に!

パーフェクトワールド

フジテレビ/火曜21:00~

松坂桃李と山本美月がおくる“王道”ラブストーリー

わたし、定時で帰ります。

TBS/火曜22:00~

吉高由里子が「働き方新時代」のニューヒロインに!

白衣の戦士!

日本テレビ/水曜22:00~

中条あやみ&水川あさみがW主演!

ストロベリーナイト・サーガ

フジテレビ/木曜22:00~

二階堂ふみ&亀梨和也コンビで人気作をリメイク

執事 西園寺の名推理2

TBS/金曜20:00~

 “完璧すぎる執事”上川隆也が帰ってきた!

インハンド

TBS/金曜22:00~

山Pが義手&ドSの天才科学者に!

きのう何食べた?

テレビ東京/金曜0:12~

西島秀俊&内野聖陽のオトナBL・節約グルメドラマ

俺のスカート、どこ行った?

日本テレビ/土曜22:00~

古田新太扮する女装家高校教師が嵐を巻き起こす!?

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

AAA浦田、女性暴行で「無期限謹慎」の余波

かねてから酒癖の悪さが指摘されていた浦田。過去の悪行が次々に暴露される!?
写真
人気連載

ジワジワくる『野田ともうします』

 平成の時代に新たに生まれたモテキーワードに...…
写真
ドラマレビュー

『インハンド』矛盾が多く視聴率苦戦

 山下智久が寄生虫専門のドSな医学者を演じるドラマ『インハンド』(TBS系)の第5話...…
写真