日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 有楽町駅前に巨大リングが登場!

有楽町駅前に巨大リングが登場! 蝶野正洋&苫米地英人が『サイバー防災』呼びかける

有楽町駅前に巨大リングが登場! 蝶野正洋&苫米地英人が『サイバー防災』呼びかけるの画像1

 6月16日、JR有楽町駅前広場で、プロレスラーの蝶野正洋氏が代表を務めるNWHスポーツ救命協会が主催する都市型・地域防災イベント「STOP THE RISK有楽町~安心・安全な街づくり~」が開催され、途中、認知科学者の苫米地英人氏が出席して、蝶野氏と「災害時のサイバー防災」について熱いトークショーを行った。

有楽町駅前に巨大リングが登場! 蝶野正洋&苫米地英人が『サイバー防災』呼びかけるの画像2有楽町駅前に巨大リング!

 有楽町駅前広場に巨大なリングを設置し、半日に渡ってリング上で、防災予防の大切さをさまざまなプログラムを通じて訴えた蝶野氏。プロレスラーの活動と並行して、かねてから「消防応援団」として普段から地域防災啓発活動に積極的に取り組んでおり、苫米地氏は「蝶野君の社会貢献活動が素晴らしいんで応援したい」とそんな蝶野の活動を絶賛。2人はTOKYO MXで放送中のバラエティ番組『バラいろダンディ』でも共演しており、トークが始まると息もぴったり。

有楽町駅前に巨大リングが登場! 蝶野正洋&苫米地英人が『サイバー防災』呼びかけるの画像3苫米地氏の話に蝶野も興味津々

 世界的な情報セキュリティの研究組織であるカーネギーメロン大学の「cylab(サイラボ)」のフェローも務める苫米地氏、2007年頃からサイバーセキュリティに関わる活動を積極的に行っており、イベントに集った消防関係者らや街行くサラリーマンを前に「サイバーセキュリティは消防の分野でも必要。みなさんの意識をもっと高めて欲しい」と呼びかけ。

 苫米地氏は「サイバー攻撃は攻撃の側が防衛の側の1,000倍有利。世界中のサーバーだったりパソコンの常時接続されているものが乗っ取られたりすると、全世界から攻撃できるわけですから、それを守ることはものすごく困難なんです」とコメント。「北朝鮮から発進された、『ビットコインを払え』と身代金のように要求する『ランサムウェア』攻撃が問題となっていますが、イスラム国もサイバー攻撃を研究中。北朝鮮に限らず、シリアなど、サイバー攻撃はどこからでもやってくる。日本のサイバーのリスクはますます上がっている」と警笛を鳴らす。

 その上で「サイバーに関して皆さんは、ほとんどSFのような世界だと思っているでしょうが、実際に起きていること。その気になれば原子力発電所なんかもサイバー攻撃の脅威の下にある。ビルのシャッターが突然止められる、病院の電気が突然止められる。そういうことが起きるリスクがあり、そのリスクを考える時代がもう来ている」と続けた。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed