日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > “便乗”佐野ひなこに大ブーイング

“藤井聡太ブーム”に便乗したグラドル・佐野ひなこに大ブーイング!

1705_sanohinako_i.jpg佐野ひなこのInstagram(@hinako_sano)より

 女優でモデルの佐野ひなこに、将棋ファンからブーイングだ。

 2日放送のTBS系『アッコにおまかせ!』に生出演し、将棋ファンであることを告白。公式戦29連勝の新記録を樹立し、史上最年少でプロ入りを果たした将棋棋士・中学3年生の藤井聡太四段の話題を取り上げると、佐野は「29連勝のとき、リアルタイムで見ていました」と笑顔。MCの和田アキ子が「えっ、わかるの?」と驚くと「将棋、わかります。山形におじいちゃんがいて、山形の天童市が将棋(の駒)で有名なので、おじいちゃんと将棋をやっていた」と明かした。

 天童市は全国の将棋駒生産量の大部分を占め、佐野はルールや簡単な指し手はわかるという。

 佐野といえば、和田アキ子の“後輩”として、所属事務所が猛プッシュ。2015年7月期の連ドラ『デスノート』(日本テレビ系)に弥海砂役で抜擢されたが、その後、イケメン俳優・神木隆之介とのお泊まりスキャンダルが「週刊文春」(文藝春秋)で報じられた。

 スポーツ紙記者は「神木さんは芸能界に大きな影響力を持つ大手芸能プロ・アミューズの所属。主役級の人気者で、佐野さんとは格が違う。当人同士は交際を否定しているが、その件を機に、アミューズは彼女に対する警戒を強めているそうだ」と話す。

 そんな佐野は、目下、話題作りに必死。そこで目をつけたのが、社会現象になった“藤井クンブーム”だったのかもしれないが、案の定ネット上では「便乗するな!」「藤井クンには近付かないでほしい」などと散々な評価だ。

「将棋の前は、突然競馬にハマっていることを明かしていましたからね。あれもホリプロの先輩で元AKB48の大島麻衣が競馬番組のレギュラーを卒業したので、ゆくゆくはその後釜を……という計算が働いたためとウワサされています。本人に悪気はなくとも、節操がないように映ってしまいます」(スポーツ紙デスク)

 突然の“将棋愛”告白も、逆効果になってしまったようだ。

最終更新:2017/07/05 17:45
こんな記事も読まれています

“藤井聡太ブーム”に便乗したグラドル・佐野ひなこに大ブーイング!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

チュート徳井、巨額脱税で芸人生命終了へ

”板東英二超え”の巨額申告漏れで、売れっ子芸人がテレビから消える!?
写真
人気連載

瓜田純士、田代まさしに去勢を提案!?

 マーシーこと田代まさし容疑者(63)が、覚...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

女優でモデルの佐野ひなこに、将棋ファンからブーイングだ。 2日放送のTBS系『アッコにお...
写真