日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小出恵介、徹夜明けでもギラギラ

活動停止後に“裏の顔”証言続々……小出恵介が「徹夜明けでもギラギラ」だったワケとは?

活動停止後に裏の顔証言続々……小出恵介が「徹夜明けでもギラギラ」だったワケとは?の画像1

 17歳の未成年少女との飲酒&淫行が報じられ、無期限活動停止中の俳優・小出恵介に、次々と新たな疑惑が噴出している。

 先月25日に行われた所属事務所アミューズの株主総会では、畠中達郎社長が「創業39年の中で最大の不祥事」と謝罪。この件では現在も大阪府警の捜査が続いているとみられるが、小出の“裏の顔”はほかにもある。

 2011年に特別背任容疑で逮捕された大王製紙の前会長・井川意高氏も出入りしていた東京・西麻布の闇カジノの常連で「バカラなどでひと晩100万単位の散財をすることもあった」(関係者)。

 さらに、15~16年にかけて発覚した元読売巨人軍選手による「野球賭博事件」で逮捕された暴力団関係者や、胴元とも親交があったという。

「ただ、小出が実際に野球賭博を行っていたかは疑問。周辺者は『あいつはやってなかったと思う』と言い張っている」(小出を知る人物)

 小出は高校野球を題材にしたドラマ『ROOKIES』(TBS系)に主要キャストで出演。その裏で野球賭博に手を汚していたならば、イメージダウンは計り知れない。

 一方で「小出が最もハマッていたギャンブルは麻雀」(別の関係者)とも……。それも知人と打つのではなく、フリーで麻雀店に入って勝負するというから、相当な博徒だ。

 仕事がオフの日は午後8時すぎに入店し、朝までコースもザラ。週刊誌のカメラマンの間では「小出が雀荘に入ったら、出てこないから撤収」という暗黙のルールまで存在するほどだ。

 ただ、麻雀にのめり込む余り、キナ臭いウワサも飛び交っている。

「徹夜で麻雀をやった後も、彼は眠そうな素振りも見せず、むしろ目はギラついている。それが原因で『おかしな薬でもやっているんじゃないか』と、ささやかれていた。しかし、よくよく調べると、彼が寝ないことは、業界では有名。本人は『ナポレオンも3時間睡眠だった』と、歴史上の偉人に自らを重ね合わせていたそうだ」(芸能プロ関係者)

 もっとも、小出は革命を起こす前に謹慎することになってしまったが……。

最終更新:2017/07/06 10:00
こんな記事も読まれています

活動停止後に“裏の顔”証言続々……小出恵介が「徹夜明けでもギラギラ」だったワケとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

阿佐ヶ谷姉妹インタビュー

17歳の未成年少女との飲酒&淫行が報じられ、無期限活動停止中の俳優・小出恵介に、次々と新...
写真