日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > Juice=Juiceが脱握手会か

Juice=Juiceがデジタルシングル配信で「脱握手会」か 特典イベントありきのアイドルビジネスに風穴

Juice=Juiceがデジタルシングル配信で「脱握手会」か 特典イベントありきのアイドルビジネスに風穴の画像1Juice=Juice|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイトより

 来年、20周年を迎えるアイドル集団「ハロー!プロジェクト」。そのメモリアルイヤーに向けて、グループ間での移籍兼任やハロプロ研修生からのデビューなど、新体制が発表され、装いも新たに走りだした。そんな中、アイドル業界で話題になっているのが、Juice=Juiceの“デジタルシングル”だ。

 カントリー・ガールズから梁川奈々美が移籍兼任となり、ハロプロ研修生から段原瑠々が加わり、7人体制となったJuice=Juice。新体制となって初のシングルとなる「Fiesta! Fiesta!」が8月23日にデジタルシングルとして配信される。

「デジタルシングルとは、CDではなく、配信のみでリリースするシングル曲のこと。これまでJuice=Juiceは、握手券などの特典をつけた形でシングルCDを販売していたのですが、今後はデジタルリリースに移行して、“脱握手会”にかじを切るのではないかと話題です」(音楽関係者)

 Juice=Juiceだけでなく、ハロプロのアイドルたちは、CDを発売するたびに握手会やチェキ会などの特典イベントを開催。さらに、CD発売前は予約イベントとして全国をミニライブや握手会などで回っている。

「ハロプロだけでなく、女性アイドル全般にいえるんですが、握手会などの特典イベントはオリコンのランキング対策という意味合いが大きい。オリコンで上位に入ればメディアに取り上げられる頻度も高くなって、宣伝効果が見込めますからね。一方で、特典イベントを開催するにはかなりのコストもかかるので、握手会やチェキ会ありきでCDを売ったとしても、決して儲けが大きいわけではなく、ほぼトントンといったところ。メンバーへの負担も大きく、ビジネス的にはあまりおいしくないんです」(同)

 また、特典イベントを多く開催することで、全体の活動にも悪影響が出ているという。

「オリコンでは、CD発売3カ月前から予約イベントの売り上げを集計するというルールがあるので、発売3カ月前から発売週までは予約イベントを中心としたスケジュールになってしまう。さらに、発売後は個別握手会やチェキ会を東名阪で開催するので、結果として1枚CDをリリースするのだけで、4~5カ月くらいのスケジュールが埋まってしまうんです。ハロプロのグループは、かつて1年に3枚から4枚シングルをリリースしていましたが、現在は1年に2枚程度。特典イベントのせいで、活動ペースが鈍っているんです」(同)

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

松本人志訴状のツッコミどころ

今週の注目記事・第1位「『岸田の金庫番』総理...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真