日刊サイゾー トップ > 芸能  > ブレーク必至の「フースーヤ」

若手お笑いブーム到来も「フレッシュさ欠ける」「元○○芸人多すぎ」と嘆き……ブレーク必至の「フースーヤ」って誰だ!?

若手お笑いブーム到来も「フレッシュさ欠ける」「元○○芸人多すぎ」と嘆き……ブレーク必至の「フースーヤ」って誰だ!?の画像1吉本興業公式サイトより

『エンタの神様』(日本テレビ系)や『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系)といったネタ番組のレギュラー放送が終わってから約7年。低迷を極めていた若手お笑い界隈が、2017年に入ってにわかに盛り上がり始めているという。バラエティ番組を手がける放送作家は語る。

「フジテレビが、若手スター芸人を発掘するための番組『新しい波24』を4月にスタートさせたことが大きいです」

『新しい波』は、お笑いスターが8年ごとに生まれるという「お笑い8年周期説」に基づき、若手スターを発掘するべく始まった番組。1992年の『新しい波』ではナインティナインやよゐこなど『めちゃ×2イケてるッ!』のメンバーを発掘。2000年の『新しい波8』では、『はねるのトびら』のメンバーを発掘した。

「08年の『新しい波16』からは『ふくらむスクラム!!』という番組が生まれたんですが、当時ネタ番組ブームの真っ最中で埋もれてしまいました。今回の『新しい波24』はそのリベンジということで、最初から29組のメンバーをそろえて、“ヘタな鉄砲も数撃ちゃ当たる”の作戦に出ています」(同)

 そして、この『新しい波24』に呼応するかのように、『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)、『にちようチャップリン』(テレビ東京系)など、ブレーク前の若手芸人が多数出演する番組も増えている。

「自分のところからブレーク芸人を生み出したいという既存のバラエティ番組も多くて、若手芸人を多数集める企画が増えていますね。若手のネタ見せやオーディションに駆り出されたりして、結構忙しいですよ」(同)

 しかし、最近の若手芸人は、あまりにもフレッシュさに欠けていると嘆きの声も多いのだという。


12
こんな記事も読まれています

若手お笑いブーム到来も「フレッシュさ欠ける」「元○○芸人多すぎ」と嘆き……ブレーク必至の「フースーヤ」って誰だ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

前澤氏は脅迫トラブルを説明すべき

今週の注目記事・第1位「剛力彩芽破局の裏で前澤...…
写真
インタビュー

横浜銀蝿・翔が語る、バンド誕生秘話

『エンタの神様』(日本テレビ系)や『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系)といったネタ番...
写真