日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 日本で一番歌のウマい歌手は?
物事のウマい、ヘタを研究する「ヘタの研究」

日本で一番歌がウマい歌手は誰なのか? プロボイストレーナーに聞く!【前編】

「ヘタにはパターンがある」。私の中でこんな実感がある。何事も「ウマい」と言われるものには、教科書的なウマさもあるが、規制のルールや概念を根こそぎぶっこわすような、はじけた、飛び抜けたウマさもある。ウマければ、何をしたっていいのだ。

 一方で「ヘタくそ」にはパターンがあると思えてならない。100人ヘタがいたら、そのヘタはいくつかのパターンに分類できる。そして、ウマい人を見習う以外に、ヘタな人が踏みがちなパターンを避けるということも、上達の助けになるのではないだろうか――?

 物事のウマい、ヘタを研究する「ヘタの研究」、今回は「歌がウマい、ヘタとはどういうことか」を、ボイストレーナー、ソプラノ歌手であり『LIVEDAM精密採点DX徹底攻略!!ボイストレーナーとカラオケチャンピオンが教える カラオケ上達最強テクニック これであなたも10点UP!!』(コスミック出版)著者、菅原久美子氏に伺った。いったい、日本で一番「歌ウマ」な歌手は誰なのか――? 歌がヘタな人がやりがちなことも触れているので、音痴な人も、自分が音痴だと気づいていない隠れ音痴の人も必見だ。

■楽譜に忠実であること~余計な「俺アレンジ」を入れない~

――プロの菅原さんから見て「歌がウマい」と思う歌手は誰でしょうか?

菅原久美子氏(以下菅原) まず男性ですが、技術が長けてかつ音楽性があるのは久保田利伸さんだと思います。生番組で見た時の発声が安定していて、クラシック歌手に似ています。地声で歌っているではなく、クラシック歌手が歌うように突き詰めた発声で歌っていますね。

 昔のヒット曲を同じ歌手が十年以上たったあとで歌うことがありますが、私たちがかつて聴いていたものよりも崩して歌う傾向があるんですね。久保田さんはそのようなことがなく、常にキーに忠実に歌っています。聴いた人に、当時の思い出ごと蘇るような歌い方です。

――「楽譜に忠実であること」が求められるんですね。

菅原 はい。「歌う人の気持ち」もありますが、作った作詞者や作曲者の世界観が込められている譜面に忠実に歌った方が、私は世界観を表現できるし、楽譜を踏まえることが大切だと考えています。

――こちらは、一部の歌がヘタな人が大きく間違えていそうなポイントでもありますね。基礎がまったくできていないのにオリジナリティとか個性とかを入れて恥ずかしいことになっている人は、久保田利伸さんの姿勢から学ばないといけないことは多そうです。女性歌手ではいかがでしょう?

菅原 ちあきなおみさんと、石川さゆりさんですね。亡くなられましたが美空ひばりさんも、ウマいです。

――今名前があがった方はすべて、「CDで聞くとウマいけど、歌番組だと聴いてるほうが恥ずかしくなってしまいチャンネルを変えてしまうほどヘタ」というのは絶対にないと確信できる抜群の安定感や地力がありますね。

菅原 このクラスでウマい方は、J-POPですと、なかなかいらっしゃらないですね。あと、坂本冬美さんがJ-POPのカバーをいくつか歌われていますが、こちらも大変お上手です。演歌の方たちのボイストレーニングは、とてもハイレベルだと思います。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真