日刊サイゾー トップ > 芸能  > 石原真理子“万引報道”の背景

石原真理子の“弁当万引報道”を専門家、カウンセラーはどう読む?「不可解ブログの原因は……」

 女優の石原真理子が、東京・墨田区内のコンビニエンスストアにおいて弁当とペットボトル飲料を万引した窃盗の疑いで警視庁本所署に任意の取り調べを受けていると、『みんなのニュース』(フジテレビ系)が報じた。

 詳しい状況はわかっていないが、会計せずに店を出ようとしたところ、気づいた店員が通報、駆けつけた警察官に連行されたという。“元祖プッツン女優”と呼ばれた石原ではあるが、かつては玉置浩二、明石家さんま、吉川晃司、時任三郎ら、多数の人気芸能人と浮名を流した美人女優だけに「なぜ?」との疑問が拭えない。

 民間の万引捜査を請け負っている警備会社の代表によると「過去の事例で、盗んだものが弁当と飲み物だけといった安い食品の場合、(1)飢えるほどに金に困っていた、(2)盗み癖がある、(3)うっかり会計し忘れ、などが考えられる」という。

「それ以外では(4)精神不安定によるもの、もありますが、その場合は精神鑑定でそう判断されない限りは認定できません」(同)

 逮捕はされておらず、事件化したわけではないが、仮に万引が事実だったと仮定すると、石原の場合、4年ほど前に極貧生活を送っているのではないかと思われる近況が伝えられたこともあって、(1)の“金欠”によるものだった可能性はある。海外事業の失敗などで表舞台から長く姿を消し、母が住む家賃数千円の都営住宅に住んでいると伝えられていたほどだ。

 かつて人気ドラマ『ふぞろいの林檎たち』(TBS系)で大人気となったが、2009年に婚約していた玉置と破局して以降の石原は、精神不安定と見られることも多かった。そうなると(4)の可能性も出てくる。

 何しろ最近はブログで日本語と英語を交えた不可解な長文記事を頻繁に更新していて、その支離滅裂ぶりは、松居一代がまともに見えるほど。6月28日に「私はゼウスを復活させたようです.彼はゼウス・クライスト」という題名で書いた記事は「私の青藍色コバルトブルーが世界中に木魂しているのは、自然や銀河宇宙たちが私に理解を示しているからです。人間もその理解をする必要な時期が到来」という、オカルトめいた内容になっていた。


12
こんな記事も読まれています

石原真理子の“弁当万引報道”を専門家、カウンセラーはどう読む?「不可解ブログの原因は……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

宇崎竜童、代表作を語る

女優の石原真理子が、7月18日に東京・墨田区内のコンビニエンスストアで弁当とペットボトル...
写真