日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 韓国「飲酒運転」処罰は激アマ?

韓国スポーツ界ではよくあること? 飲酒運転で韓国人メジャーリーガーがチーム復帰絶望

韓国スポーツ界ではよくあること? 飲酒運転で韓国人メジャーリーガーがチーム復帰絶望の画像1イメージ画像(Thinkstockより)

 飲酒運転事故で執行猶予処分となった米メジャー・リーグのピッツバーグ・パイレーツの姜正浩(カン・ジョンホ)が、今後チームでプレーできない可能性が濃厚だ。球団は公式サイトで「チームは、来年も彼が復帰しない可能性に備えている」と明かした。

 姜正浩は昨年12月、ソウルで飲酒運転をしてガードレールに突っ込み、逃走した容疑で、1審で懲役8カ月、執行猶予2年の判決を言い渡されている。その後、控訴したが、控訴審はこれを棄却。懲役刑が確定したため、米大使館で就労ビザを取得できず、球団復帰が絶望的となっている状況だ。なお、姜正浩が飲酒運転で逮捕されるのは3度目で、今回の事件後に免許取り消しとなっている。

 もっとも、韓国でプロ野球選手が飲酒運転で捕まるのは珍しいことではない。

 例えば今年7月には国内リーグのLGツインズでプレーするユン・ジウンが、昨年3月にはKTウィズのオ・ジョンボクが逮捕されている。

 また野球界以外でも、昨年4月には韓国プロバスケリーグの電子ランドでプレーするキム・ジウォンが、2015年8月には元サッカー韓国代表で済州ユナイテッドに在籍していたカン・スイル(現ザスパクサツ群馬)が飲酒運転で逮捕されている。

 こうしたプロスポーツ選手の飲酒運転が減らない背景には、飲酒運転防止のための球団側の教育が不十分であるといった指摘もあるが、そもそも韓国の飲酒運転に対する罰則が軽いことも影響しているだろう。

 韓国では血中アルコール濃度0.05%以上が処罰対象であり、飲酒運転で死亡事故を起こしたとしても4年6カ月の懲役が最高刑となっている。この罰則について韓国メディア「Insight」は、日本が呼気中アルコール濃度0.15mg/lから処罰対象となり、死亡事故の場合、最大で20年以下の懲役まで下されることと比較し、「韓国ではいまだに、飲酒運転に対する処罰が軽すぎる」と嘆いている。

 飲酒運転は犯罪であり、スポーツ選手にとっては姜正浩のように選手生命にも関わる重大事だ。飲酒運転根絶のための対策が急がれる。
(文=S-KOREA)

●参考記事
・韓国球界激震!! 飲酒、公然わいせつの次は韓国代表投手の八百長容疑が発覚!!
http://s-korea.jp/archives/6465?zo

・玉突き、衝突、飲酒運転に死亡事故…アイドルたちの命をも脅かす韓国芸能界と交通事故の因果関係
http://s-korea.jp/archives/8050?zo

最終更新:2017/08/18 21:00
こんな記事も読まれています

韓国スポーツ界ではよくあること? 飲酒運転で韓国人メジャーリーガーがチーム復帰絶望のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

2018年の日本映画を英国人Pが語る

飲酒運転事故で執行猶予処分となった米メジャー・リーグのピッツバーグ・パイレーツの姜正浩(...
写真