日刊サイゾー トップ > 芸能  > 日野皓正に、ジャズ界から擁護論

中学生に“往復ビンタ”の日野皓正に、ジャズ界から擁護論「損得勘定よりも教育への意義を強く感じていた」

「ジャズバンドは乱雑に演奏してスカッとすればいいという世界ではなく、もっと緻密。音ひとつ外して、メンバー同士が殴り合いすることも珍しくない。それほど真剣に情熱を注ぐんです。ジャズは即興演奏だから身勝手にやればいいというのは大間違い。だから、自由と身勝手の違いを教える意味で、教育にはすごくいいんです。ただ、日野さんは本来、日本のジャズ界の中でも理論派で知られていて、常日頃から暴力を振るうタイプではないですよ。人に教えているのを見たことありますが、言ってることは厳しくても口調は優しかったですよ」(同)

 日野はこの体験学習に、損得勘定よりも教育への意義を強く感じて引き受けたという。

「体験学習として提案されたとき、日野さんは『単発の話ならやらない。一生懸けるプロジェクトならやる』と言って始めたんです。日頃から彼は『ジャズは命を懸けてやるもの』と言ってるほどですから、当然です」(同)

 イベントでは、演奏中、生徒たちが順番にソロを披露するのが見せ場で、暗黙の了解で順番を回していたのだが、ドラマーの生徒がその流れを無視したことに日野が激怒したと思われる。

 イベント関係者によると、過去には楽器に触ったことすらなかった生徒が、3カ月後にはソロで舞台に立てる演奏力を身につけたこともあったというからすごい。実際、このイベントの“卒業生”や、その親たちからの感謝の声も多く、「日野校長」として親しまれていたというが、そのあたりの“リズム”を知らない週刊誌や情報番組、議員などからは非難一辺倒となってしまった。なんとか存続の危機を脱して、騒動をフェードアウトさせてもらいたいところだが……。
(文=片岡亮/NEWSIDER)

最終更新:2017/09/07 10:00
12
こんな記事も読まれています

中学生に“往復ビンタ”の日野皓正に、ジャズ界から擁護論「損得勘定よりも教育への意義を強く感じていた」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

ジャズトランペット奏者の日野皓正が、公募した中学生たちとバンドを組んで4カ月間の練習をし...
写真