“元アウトローのカリスマ”瓜田純士『君の膵臓をたべたい』を酷評も、肩にカメムシが付いていた

元アウトローのカリスマ瓜田純士『君の膵臓をたべたい』を酷評も、肩にカメムシが付いていたの画像1

 厳しさと優しさと素直さを併せ持つ“元アウトローのカリスマ”こと瓜田純士(37)が、森羅万象を批評する不定期連載。今回は「とにかく泣ける」と話題の映画『君の膵臓をたべたい』を鑑賞してもらい、率直な感想を聞いてみた。果たして、「鬼の目にも涙」となったのか……?

 現在公開中の『君の膵臓をたべたい』は、本屋大賞第2位の大ヒット小説を実写化した青春映画(原作/住野よる、監督/月川翔)。

「ラスト、きっとこのタイトルに涙する」

 それが映画のキャッチコピーだ。Twitter上では「感動した」「泣いた」の声が続出し、9月8日現在、Yahoo!映画のレビューでも5点満点で平均4.12点という高評価を得ている。原作未読の瓜田の耳にもそうした評判は届いていたらしく、「俺も泣いてしまうかもしれない」と言いながら、ポケットティッシュ持参で愛妻と共に劇場入りした。

 ところが、映画が終わるなり真っ先に劇場を飛び出した瓜田は、「膵臓たべたい、膵臓たべたい、しつけえなぁ。しば漬けたべたい、を思い出したわ」と白けた顔で不満を表明。その後も映画の気に入らない点を次から次へと並べ立てた。

――涙もろいところもある瓜田さんですが、今作では泣けなかったですか?

瓜田純士(以下/純士) よし、集中して泣くぞ!……と思ったら、北川景子が出て来たから、DAIGOの「ういっしゅ!」を思い出しちゃって、泣けなかったです。というのは半分冗談ですが、俺、病気モノが嫌いなんですよ。病気にかこつけてどうのこうのってのが、とにかくダメ。

――それはなぜですか?

純士 俺、基本的に他人に冷たいんですよ。昔から近所の誰かが病気で死んでも「マジか。香典代がもったいないな」と思うだけ。ぶっちゃけ、人が死ぬのは仕方がないことだし、どうでもいいことだと思ってますから。余命何カ月とか、不慮の事故とか、そういうので泣かそうとするのって、なんかムカつく。そんな俺がその概念を忘れて、いいところをピックしようと最後まで真剣に隅々まで見た。それでもこのつまんなさ。いいところはほぼ皆無でした。

――そんなにつまらなかったですか?

純士 ええ。だってあの女、病気にかこつけて男を口説いてるだけ。病気をネタに2時間たっぷり、男を振り回してるだけじゃないですか。男を振り回すなら振り回すなりの魅力がほしいけど、ただのワガママ女が自分に酔って傍迷惑なことをしてるだけだから、付き合い切れませんよ。


123
こんな記事も読まれています

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士『君の膵臓をたべたい』を酷評も、肩にカメムシが付いていたのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

くまだまさし、テレビを断る理由

厳しさと優しさと素直さを併せ持つ“元アウトローのカリスマ”こと瓜田純士(37)が、森羅万...
写真