日刊サイゾー トップ > 芸能  > 藤田ニコルがポスト河北麻友子に

謎の受賞続々……武井咲のデキ婚で、藤田ニコルが「ポスト河北麻友子」に昇格!?

謎の授賞続々……武井咲のデキ婚で、藤田ニコルが「ポスト河北麻友子」に昇格!?の画像1

「いやあ、まさか選ばれると思ってなかったのでうれしいです。車の免許持ってないんですけれど、取りたいなと思います」

 こう言って困惑したのは、9月7日に都内で行われた「日本ベスト・カー・フレンド賞」の授賞式に出席したモデルの藤田ニコルだ。同賞は「くるまマイスター検定」を主催する日本マイスター検定協会が設立。藤田は「クルマ文化の醸成に貢献していると思われる人」として、武井壮、橋本マナミと共に選出された。

「免許すら持っていない藤田が選ばれたことに、ネット上でも『謎』『無謀すぎ』と、納得がいかない人たちのコメントが噴出しています。プレゼンターのテリー伊藤によれば『カラフルな車が似合う若い女性』というのが選考理由のようですが、これまた藤田は、カラフルとは真逆の全身黒の衣装で登場していましたから、取材陣も苦笑いしていましたよ。しかも、普通なら『これから免許取ります』くらいは言いそうですが、『今19なんで、22までに』と濁し、まったく取る気がなさそうでしたね(笑)」(マスコミ関係者)

 藤田の所属するオスカープロモーションといえば、所属タレントが次々と“謎の賞”を受賞することでも有名。過去には上戸彩が「納豆クイーン」、菊川怜が「ベスト・ヘア賞」、米倉涼子が「COTTON USAアワード」、剛力彩芽が「ベストレザーニスト」と、まったくイメージとマッチしないタイトルを戴冠している。

 そして近年、この伝統を一手に引き受けていたのが、河北麻友子だった。昨年は「日本メガネベストドレッサー賞」「クリスマスジュエリープリンセス賞」「ネイルクイーン」、そして今年は「歯が命アワード2017」を受賞している。

「先ごろ武井咲のデキ婚が発表されましたが、彼女の仕事は3年先まで決まっていたそうです。休養中の代役として、女優の仕事はおそらく河北が埋めることになるでしょう。そして、河北の代役として、藤田が“謎の賞”担当になりそうですね」(業界関係者)

 もっとも「2017上半期タレント番組出演本数ランキング」(ニホンモニター)女性タレント部門第10位と超売れっ子の藤田だけに、どんな賞でも受賞すれば話題になることは確実。謎の受賞も、タレントパワーの証しということだろう。

最終更新:2017/09/14 10:00
こんな記事も読まれています

謎の受賞続々……武井咲のデキ婚で、藤田ニコルが「ポスト河北麻友子」に昇格!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

“二番手芸人”かまいたちの野望

「いやあ、まさか選ばれると思ってなかったのでうれしいです。車の免許持ってないんですけれど...
写真