日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 特番に期待!『ハロネズ』最終話

徳川埋蔵金ネコババで解散回避! キャスト一部変更での特番に期待!『ハロー張りネズミ』最終話

 これは全放送を振り返っての感想なのですが、原作コミックからのチョイスについて、「なぜこれを!?」と選択眼を疑ってしまうような回がいくつかありました。そのせいでムラが出ちゃったんですよね。それは視聴率という数字にも表れてしまっています。それと、方向性もバラバラ。なんでも請負う探偵事務所といっても、短期間しか放送しないドラマで超常現象を扱ったかと思えば純愛ものと、あまりに振れ幅が広すぎてついてこれない視聴者は少なくなかったのではないでしょうか。

 キャスティングについても残念な部分がありました。主演の瑛太は初回からキャラ立ちしていたと思います。その相棒を務めた森田も、第8話のお涙頂戴ストーリーで素晴らしいい演技を見せていました。しかし、所長役を務めた山口智子のサバサバ演技は、他のドラマで見るのとなんら変わらず。原作では28歳の役になぜ52歳の山口を起用したのかわかりません。瑛太や森田とのコミカルなやり取りも年齢差があるからかノリが異なり、うまく噛み合っていないように感じました。

 それと、最大のキャスティングミスは四俵蘭子役の深田恭子でしょう。依頼人として登場した第2話、3話と2話分でメインになったにもかかわらず、個性を発揮できず。事務員として居座ることになった後も終始、お得意のキョトン顔を浮かべるだけのお飾りと化してしまっていました。

 その代わりといってはなんですが、ゲスト出演した蒼井優や國村隼などといった実力派たちがしっかりとした演技を披露していたのは印象深かったです。原作コミックにはまだまだ面白いストーリーがあり、ネコババはいけませんが事務所の存続も決定したということで、キャストを一部変更しての続編あるいはスペシャル版での復活を期待したいと思います。
(文=大羽鴨乃)

最終更新:2017/09/19 22:30
12
こんな記事も読まれています

徳川埋蔵金ネコババで解散回避! キャスト一部変更での特番に期待!『ハロー張りネズミ』最終話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

阿佐ヶ谷姉妹インタビュー

瑛太が人情味あふれる探偵を演じるドラマ『ハロー張りネズミ』(TBS系)の最終話が15日に...
写真