日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 中村静香が初冠番組で暴走?

他の「飲み番組」とは次元が違う! “飲み姿かわいいグラドル”中村静香が初冠番組で新路線開拓?

「学生の時に子どもができて結婚したんですけど、嫁さんの機嫌が悪い日が続いて、5日目に『趣味が合わんから実家に帰る』って。で、その時に先輩が『何も食べてないんやろ?』って、ほか弁をずっと買ってきてくれてたんですよね。『待ってたら帰ってきてくれるけん。頑張ってね』って。でも、その先輩に子どもも嫁も取られたッス」

「その辺のキャバ嬢にだまされて自己破産しました」

「僕、周りの従業員も知らないことを今話してるんで(苦笑)」

 ……なんだ、この人生は。いくらなんでも、掘り起こしすぎじゃないだろうか? 

 しかし、ここで生きるのは「飲み姿カワイイグランプリ」を連覇した中村によるアプローチだ。「古舘さんを近くに感じたい!」と店員を見つめ、43歳の「古舘さん」に対し「(ストライクゾーンは)50、60、喜んで!」と断言! 酒の勢いで、グラドルらしからぬサービストークを展開する。

 26日放送分では、大阪・十三(じゅうそう)の飲み屋街をうろつく中村。仕事終わりの男性サラリーマン5人組グループのところへ「イケメンぞろい!」と突入し、その中の1人に「今から奥さんに電話して愛を伝えろ」と無茶を飛ばす。彼女の行いは、完全にスレスレだ。

 ディープな盛り場を飲み歩き、赤ら顔のおじさんたちに向かって「誰か一緒に飲みましょー!」「お酌させてくださ~い!」とグラドルが無分別に募いまくる、現実感皆無な空間。そうかと思えば、普通に飲んでいる男性の肩に腕を乗せ「ロックオン!」と相席しにいったり、まだ子どものいない夫婦の席に混じり「お2人のお子様にカンパーイ!」と、勝手に先走りな乱れっぷりを見せたり。風営法を気にしてしまいそうになるほどの屈託なさである。

 素人をターゲットとして設定し、ホスト役(ホステス役?)にグラドルを起用した今回。“酒飲み番組”として、一次元上へ行った感がある。ぜひともこのフォーマットが、テレビ界で流行してほしいと切に願うばかりだ。
(文=寺西ジャジューカ)

最終更新:2017/09/30 14:00
12
こんな記事も読まれています

他の「飲み番組」とは次元が違う! “飲み姿かわいいグラドル”中村静香が初冠番組で新路線開拓?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...…
写真