日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 14.0%堅調の『陸王』は物足りない

14.0%堅調のTBS日曜劇場『陸王』は、確信と正解に満たされすぎて「ちょっと物足りない」

■かくして『陸王』は、確信に満ちている

 

 確信を実現する物語、その舞台裏もまた、確信に満ちていたことは間違いありません。やることなすこと、全部正解。どうあれ結果はフルマークの判定勝ちであります。危なげ、一切なし。

 もちろん、そうした作品を貶めるつもりは、まったくありません。この福澤組のクオリティは、長年の経験と、今なお精力的であり続ける情熱の賜物です。原作選びからキャスティング、演出、編集にいたるまで、当代一のプロフェッショナルな仕事が完遂されていると思います。じゅうぶんに面白いし、感動的です。

 だけどー。

 それがなんだか、ちょっと今回、物足りなく感じたことは確かなんです。だいたい池井戸さんの原作からして、同じく実在の企業をモチーフにした『空飛ぶタイヤ』のころの逼迫感や、その作品が“存在しているだけ”でヒヤヒヤしちゃうような切実感はありませんし、映像化された世界にも波乱や驚きを予感させるような綻びは見られません。波乱万丈な物語のはずが、原作の1段落目からドラマの最終回まで、完璧に塗り固められた舗装道路の上を走っているように見える。みんな挫折ばかりしているのに、作品に挫折の匂いがひとつもない。ドラマのどこを切っても、赤い血が流れそうな気がしない。

 実際には、そんなことないんでしょう。作り手の方々に対して、すごく失礼な物言いであることは自覚しています。

 それでも、この『陸王』という作品は、視聴者が自らの思いを乗せて羽ばたく翼ではなく、突き崩していくべき壁のように感じるのです。
(文=どらまっ子AKIちゃん)

最終更新:2017/10/30 20:00
12

14.0%堅調のTBS日曜劇場『陸王』は、確信と正解に満たされすぎて「ちょっと物足りない」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

ビートたけし、裏の素顔

 レギュラーを務めるTBS系情報番組『新・情...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真