日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 地下アイドルの核心に迫る一冊

【書評】地下アイドルブームの核心に迫る一冊  ―姫乃たま『職業としての地下アイドル』

 世の中には「知らない方がいいこと」がたくさんある。

 好きなタレントの裏の顔や、社会の闇につながるような世界、はたまた世間の人の平均年収や好きな相手の恋愛経験など。とにかく「知らない方が幸せだった」と思うことには事欠かない。

 一方で、人には知的好奇心というものがある。

「知らない方がよい」「知ったところで何の役に立つのか」そう思えるようなことでも、「それでもいいから知りたい」という気持ちが勝って調べてしまう。そこに好奇心を満たされた満足感がついてくることは多いだろう。

 大雑把に言ってしまうと「新書」というカテゴリーで出版される書籍の多くは、その知的好奇心を満たすためのものである。あるテーマに類することを調査し、掘り下げ、見解を述べる。そうすることによって、その世界の事柄を大局的にまとめることができるのだ。

 9月13日に発売された『職業としての地下アイドル』(朝日新書)もそういったカテゴリーに含まれる一冊だ。著者の姫乃たまが、自身が経験してきたことと、地下アイドルの現場でアイドル・ファン双方から集めたアンケート結果により、その実態を赤裸々にあぶり出している。

「地下アイドル」という言葉に、ある種猥雑な印象を持つ方もいるかもしれない。あるいは、「興味はあるが立ち入るのはちょっと」という方や、もしかすると地下アイドルに憧れを持っている女性もいるかもしれない。そんな人への“入門書”としてこの本は最適である。

 冒頭には、著者が地下アイドルになった経緯と、活動していく中での心の動きが描かれている。むろん、地下アイドルになった理由やその後の経験は、人によってさまざまだが、3年続ければよい方だといわれる世界で、8年もの間、一線で活躍している彼女の経験を追うのは、貴重なことだと言えよう。

 第一章では、現代のアイドルブームに至るまでの歴史を振り返り、地下アイドルの生まれた背景や、今のアイドルシーンでの位置付けなどを分析している。私などは、その黎明期から、一アイドルファンとして現場を経験してきた身なので、懐かしく振り返るとともに、多くの人に知ってもらえるよう、丁寧にまとめた本書が実にありがたかった。

 第二章からは、いよいよアンケート結果を元に、その生体や心理状況に迫っていく。多くの場合において、(アイドルファンではない)一般の人の回答と比較しているため、地下アイドル界がいかに特殊なものであるのかどうかを探るための明確な指標となっている。

12

【書評】地下アイドルブームの核心に迫る一冊  ―姫乃たま『職業としての地下アイドル』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅内閣が目指す「恐怖政治」「警察国家」

今週の注目記事・第1位「コロナワクチンを娘や...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

世の中には「知らない方がいいこと」がたくさんある。 好きなタレントの裏の顔や、社会の闇に...
写真