日刊サイゾー トップ > カルチャー > マンガ  > 浦沢直樹の新連載にファン半信半疑

「もう投げ出さないで!」浦沢直樹の「オリジナル」新連載に、ファンは半信半疑で……

 マンガ家の浦沢直樹が10月20日発売の「ビッグコミックオリジナル」21号(小学館)で、新連載をスタートする。

 浦沢が連載を持つのは、昨年8月に「モーニング」(講談社)で完結した『BILLY BAT』以来、1年ぶりとなる。『MASTERキートン』や『MONSTER』『20世紀少年』など、謎が謎を呼ぶストーリー展開に定評がある浦沢だけに、ファンならずとも新連載に期待がかかるのだが……。

「確かに浦沢さんの作品は、巧妙に張り巡らされた伏線で、次はどうなるのだろう? と、読者に期待をさせるのが上手い。しかし、盛り上げるだけ盛り上げておいて、時にその伏線を回収せずに作品が終了してしまうので、最後まで読んだ読者は肩透かしにあい、ダマされたような気分になることもあるんです。『BILLY BAT』も、紀元前から2001年という壮大な時系列の中で展開する歴史ミステリーなのですが、やはりそこで提示された謎や伏線は回収されないまま、連載が終了してしまいました。もちろん、全てを明らかにせず、あいまいな形のまま余韻を残して終わらせるという作風もあるので、一概にダメとは言えません。ただ、同作はたびたび長期休載がありましたから、単に行き詰まって放り投げてしまったのでは?」(コミック誌編集者)

 実際、今回の新連載のニュースに対しても、「最初だけ盛り上がって、後半失速するんだろ」「思わせぶりなのはもうやめて、昔のように普通に面白い漫画を描いてくれ」「5巻くらいで終わるなら読む」などの声が上がっている。

「読者は、これまでにもさんざん裏切られてきましたからね。特に『20世紀少年』は、物語の核心となる『ともだち』の正体も曖昧だった上、連載終盤は強引な急展開で打ち切りを思わせるような幕切れが、物議を醸したものでした。口さがない読者の間では、“大風呂敷を広げるのは上手いけれど畳むのが下手”という評価が定まりつつあります。一方、浦沢さんには、こうしたミステリー風の作品だけでなく、『YAWARA!』や『Happy!』のようなスポーツをテーマにした作品もありますが、こちらのほうは破綻もなく、誰もが納得する大団円を迎えます。ミステリーもいいですが、単純明快なストーリーの作品も、たまには描いて欲しいですね」(同)

 浦沢といえば、昨年、大手出版社勤務の女性との不倫スキャンダルが報じられたことも記憶に新しいが、果たして新連載では広げた大風呂敷を畳むことができるのか、注目したいところだ。

最終更新:2017/10/07 06:00
こんな記事も読まれています

「もう投げ出さないで!」浦沢直樹の「オリジナル」新連載に、ファンは半信半疑で……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

英語のプロに聞く、英語学習法

マンガ家の浦沢直樹が10月20日発売の「ビッグコミックオリジナル」21号(小学館)で、新...
写真