日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > “選挙ポスター無断掲載”バトル勃発

公明党×立憲民主党の“選挙ポスター無断掲示”バトル勃発!「常識を持ちなさい!」「お互い様でしょ!」

公明党×立憲民主党の選挙ポスター無断掲示バトル勃発!「常識を持ちなさい!」「お互い様でしょ!」の画像1公明党・石川和広氏のTwitter(@k_14kawa)より

 選挙ポスターの無断掲示が話題となっている。公明党の石川和広・狛江市議は10月13日、所有地の壁に他党候補のポスターを無断で貼られたと激怒。Twitterで「どこまで常識が無いのか」と非難した。

 貼られたのは立憲民主党から衆院選に立候補している山花郁夫・元法務副大臣のポスターだった。石川市議はポスターの横に「常識を持ちなさい!」などと書いた抗議の紙を貼って、それらの画像も公開している。

 大々的に「常識がない」と名指しされた山花元副大臣は、祖父と父の代から続く3代目の世襲議員で、3度の当選歴がある。司法試験10度不合格という珍エピソードを持ちながら、父親の地盤を引き継いで、2000年に民主党所属で初当選。03年に当選、05年に落選で、09年に3度目の当選で外務大臣政務官、法務副大臣を務めたが、12年、14年の衆院選では落選している。

 今回は民進党議員が大量に希望の党に流れる中、安保法制の撤回を求めてきた立場から、立憲民主党から出馬となった。同じ区の候補者は、長く争ってきたライバルの伊藤達也(自民党・当選7度の元金融相)ほか、金ケ崎絵美(希望の党)、阿部真(共産党)。中でも山花元副大臣は政界サラブレッドで選挙経験豊富なはずが、ポスターの無断掲示をやってしまったわけだ。

 山花陣営の関係者に話を聞くと「私は担当者はではない」と回答は拒まれたが、“非公式の個人的見解”として聞くと、「選挙中だから鬼の首を取ったように騒いでいるけど、公明党だって他じゃ無断ポスター貼りはよくあること。ボランティアスタッフに頼んで貼ってもらうと、どうしてもミスが出てくることもあるのは、お互いさまでは。無断で貼られたのなら苦情を言って剥がしてもらえばいいでしょ。Twitterで大騒ぎするのは攻撃材料にしたいとしか思えない」と反論した。

12

公明党×立憲民主党の“選挙ポスター無断掲示”バトル勃発!「常識を持ちなさい!」「お互い様でしょ!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅内閣が目指す「恐怖政治」「警察国家」

今週の注目記事・第1位「コロナワクチンを娘や...…
写真
インタビュー

『i-新聞記者』忖度とどう闘う?

選挙ポスターの無断掲示が話題となっている。公明党の石川和広・狛江市議は10月13日、所有...
写真