日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > “選挙ポスター無断掲載”バトル勃発

公明党×立憲民主党の“選挙ポスター無断掲示”バトル勃発!「常識を持ちなさい!」「お互い様でしょ!」

 実際、選挙ポスターの無断貼り付けは各地でよく報告されていることだ。公明党もその例外ではなく、被害がネットで明かしているケースもあり、都内在住の男性は所有する駐車場の看板の上に貼られて激怒。党本部に苦情を言ったが「こちらでは、わからない」と対応してもらえなかった不満も書いている。

「間違いなく確信犯です。どんなに苦情を言っても選挙のたびに公明党はポスターを貼ってくるんですから。地元のウワサでは違法なポスター貼りはそれ専門の工作班がいるとか。過去、自民党や民主党、共産党、与野党関係なく貼られましたけど、公明党はあまりに多いですよ。もし政策で共感しても投票したくないです」と男性。

 私有地にポスターが貼られたという被害報告は、市議以外にもTwitterなどSNSで続々と報告されている。公職選挙法ではポスターを他人の土地、建物等に貼る場合は、居住者の許可を得てから貼るように定められており、選挙管理委員会は「自分の所有地に無断で貼られたポスターは、その土地の所有者であればが剥がすことができます。ただ、剥がしたポスターは候補者の所有物ですので、捨てない方がいい」と話す。

 政治ジャーナリストによると「人気候補者のポスターは無断で貼られても苦情が少なく、タレント候補のポスターはむしろ剥がして盗んでいく人がいたりするほど」だというが、ポスターのトラブルはまるで選挙時の風物詩のようだ。
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)

最終更新:2017/10/19 17:00
12
こんな記事も読まれています

公明党×立憲民主党の“選挙ポスター無断掲示”バトル勃発!「常識を持ちなさい!」「お互い様でしょ!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

英語のプロに聞く、英語学習法

選挙ポスターの無断掲示が話題となっている。公明党の石川和広・狛江市議は10月13日、所有...
写真