日刊サイゾー トップ > 社会 > 海外  > 「訪韓整形手術」で死亡事故続発中

死亡事故続発中! 1年に10万人が殺到する「訪韓整形手術」がヤバすぎる!? 非専門医の執刀が、専門医の数倍も……

死亡事故続発中! 1年に10万人が殺到する「訪韓整形手術」がヤバすぎる!? 非専門医の執刀が、専門医の数倍も……の画像1※イメージ画像

 世界でも屈指の美容整形大国といわれる韓国。国際美容整形外科学会(ISAPS)が2011年に行った調査によれば、1,000人あたりの美容整形率は約5.2人となっている。日本が約2.9人であることと比べると、韓国の美容整形率の高さがわかるだろう。

 また、美容整形を目的に韓国を訪れる外国人も増えている。韓国保健福祉部(日本の厚生労働省に相当)が「外国人患者誘致事業」を始めた2009年には2,851人だったが、16年には9万5,221人に増加。大幅に膨れ上がっている。

 特に、日本の旧盆に当たる秋夕(チュソク)には、連休中に回復が見込めるため、美容整形が急増する傾向にある。韓国では“秋夕整形族”なる言葉まで誕生しており、9月30日から10月9日まで、最大10日間の大型連休となった今年の秋夕には、美容整形外科の関係者が「どの病院も同じだと思うが、秋夕連休は手術で埋まっている状態」などとうれしい悲鳴を上げていた。

 ただし当地では、美容整形に関するトラブルも多発している。

 代表的なのは、整形の失敗だ。韓国では「連休後には、遅れて美容整形外科を訪ねる客が増える時期が来る。整形に失敗した人々だ」とも報じられているほどで、軽い気持ちで整形をしたところ満足いく結果を得られなかったという人々が多いそうだ。

 しかし、ただの失敗くらいなら、まだよい方かもしれない。韓国では整形に伴う医療事故も少なくないのである。

 例えば16年には韓国のネット掲示板で、美容整形の副作用で体重が27kgになったという女性の書き込みが話題を呼んだ。彼女はヤブ医者が運営する整形外科で頬骨の整形手術を受けた直後から顔面の激痛に見舞われ、痛みを和らげるために麻薬性鎮痛剤を服用したところ、その副作用で、何を食べてもすぐに吐いてしまうようになったのだという。

 13年7月には、最悪の事態も発生している。韓国で名の知れた「グランド整形外科」で手術を受けた女性患者が、手術中に死亡したのだ。全身麻酔をかけられていた患者に酸素が供給されなかったことが原因とされており、医師は患者がチアノーゼを呈し、心停止に陥っていることにも気づかず手術を続行していたらしい。

 外国人患者の被害も少なくない。15年11月には、ソウル市江南(カンナム)区で鼻と顔の輪郭の整形手術を受けた日本人女性が、手術から4日後に遺体で発見された。警察によれば、死因は塞栓症か薬物中毒と推定されている。また、16年3月には、鼻の整形手術と脂肪移植手術を受けたタイ人女性が術中に呼吸停止に陥り、そのまま死亡する事故も起こった。


12
関連キーワード

死亡事故続発中! 1年に10万人が殺到する「訪韓整形手術」がヤバすぎる!? 非専門医の執刀が、専門医の数倍も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

トウガラシ名産地の珍なる町おこし

 韓国の町おこしが熱い。以前この連載でも、特...…
写真
インタビュー

“町おこし”で地方がダメになる?

世界でも屈指の美容整形大国といわれる韓国。国際美容整形外科学会(ISAPS)が2011年...
写真