日刊サイゾー トップ > 芸能  > “メンヘラキラー”狩野英孝が…

“メンヘラキラー”狩野英孝をかたる「落とし方/別れ方」指南スパムメールの衝撃中身!

狩野英孝

「狩野英孝『極秘』メンヘラ女を落とす方法」なる情報商材を売るスパムメールが、無差別に送られている。

 唐突に届いたメールには「いまや10人に2人はメンヘラ女。こういう女は簡単にあと腐れなくエッチすることができる」と書かれ、その方法を「3万円で伝授する」とするもの。ただ、これを「原案」したのが芸人の狩野英孝だと明記されている。

 しかし、メールは送信者どころか販売者の所在も一切書かれておらず、どう見ても狩野の許可を得て商売しているようには見えない代物。「件名を(詳細希望)または(購入希望)としてメールしてください。購入後のサポートもいたします」として、メールアドレスだけが掲載されている。

「メンヘラ女」とは「メンタルヘルス」(心の健康)を語源とするネット上のスラングで、精神が病んでいるようだったり、人格障害のように見られる女性への蔑称だ。リストカットなど自殺願望を示す女性や、自己顕示欲が過剰に強い女性などもそう呼ばれたりすることがある。メールはそういう女性をナンパするテクニックを販売しているようだ。

 そこで持ち出された狩野には、一部から「メンヘラキラー」と呼ぶ向きがあったのも事実。加藤紗里や川本真琴ら6股騒動が話題となったことがあるほど女性問題が絶えなかった狩野だが、交際相手に一部エキセントリックな言動をするタイプもいたことから、芸人仲間や関係者から「ちょっと頭のネジが外れたような天然女が好き」という評判が立ち、その果てに「メンヘラキラー」というあだ名が付いていたのである。

 狩野は今年1月、写真誌「フライデー」(講談社)に17歳の女子高校生との淫行が報じられ、謹慎。その際、女子高校生もまたTwitterでの言動に、ネット上で「メンヘラ臭が漂う」などの声が上がり、またも世間はメンヘラキラーとの印象を色濃いものにしてしまった。それだけに、メンヘラ女のナンパ術を売る情報商材に勝手にその名前が使われたと思われる。

 記載のアドレスにメールを送って取材を申し入れてみたが、1週間待っても返答はなかった。そこで実際に購入をネット上で報告していた50代の会社員男性に連絡を取ってみた。メール8月下旬、出会い系サイトにも登録していた“捨てメアド”に届いたという。


12
こんな記事も読まれています

“メンヘラキラー”狩野英孝をかたる「落とし方/別れ方」指南スパムメールの衝撃中身!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

毒舌婚活ブログ”中の人”に聞く

「ブログなんてもう古い、時代はnoteだ――」  そんな声がにわかに高まりだした20...
写真