日刊サイゾー トップ > 芸能  > めちゃイケ終了で紗理奈が飛躍!?

『めちゃイケ』終了で、よゐこ、ジャルジャル、敦士の仕事がない……羽ばたくのは女優転身の鈴木紗理奈だけ!?

アーティストハウスピラミッド公式サイトより

 フジテレビの人気バラエティー番組『めちゃ×2イケてるッ!』が、来年春に終了することが11月4日、正式に発表された。

『めちゃイケ』は1996年からスタートし、ナインティナイン、よゐこ、オアシズ、極楽とんぼ、武田真治、雛形あきこ、鈴木紗理奈らがオリジナルメンバーとして出演。後にジャルジャル、たんぽぽ、重盛さと美、敦士らが新メンバーとして加入した。近年は視聴率が低迷しており、打ち切りもやむなしだったとはいえ、キー局ゴールデンのレギュラーがなくなることは、出演者たちにとっては大打撃だろう。

「昨年『いきなり!黄金伝説。』(テレビ朝日系)が終了したよゐこは、大きな番組を2つ失うことで収入激減は避けられない。濱口優は交際中の南明奈に三行半を突きつけられる可能性もありそうです。ジャルジャルも長年MCを務めてきた冠番組『ジャルやるっ!』(関西テレビ)が9月末に終了しており、新築の一軒家を建てた後藤淳平に心配の声が上がっています。また、モデルの敦士のバラエティー番組レギュラーは地方番組のみ。しかも今年、父親になったばかりですから、収入が激減するのは痛手でしょう」(テレビ関係者)

 一方、バラエティタレントから女優にシフトチェンジしそうなのが、鈴木だ。くしくも同じく11月4日に東京都内で行われた初主演映画『キセキの葉書』(ジャッキー・ウー監督)の初日舞台あいさつに出席。同作は脳性まひの娘と認知症の母を介護する女性の勇敢な生き方を描いたヒューマンドラマで、鈴木は7月のマドリード国際映画祭で外国映画最優秀主演女優賞に輝く快挙を成し遂げている。

「すでにヨーロッパやハリウッドから出演依頼が来ているといいます。鈴木本人も『40歳になったら自分の信念を貫こうと思っていた。そんな私の背中を押してくれた作品になりました』と女優業に意欲的。『めちゃイケ』終了と共にバラエティーからも卒業となりそうです」(同)

 消えるのか、それとも羽ばたくのか? 出演者たちは来春以降も“めちゃ×2”に“イケてる”芸能活動が継続できればいいが……。

最終更新:2017/11/10 22:30
こんな記事も読まれています

『めちゃイケ』終了で、よゐこ、ジャルジャル、敦士の仕事がない……羽ばたくのは女優転身の鈴木紗理奈だけ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

謎の集団「ケケノコ族」を直撃

 1980年代に原宿の歩行者天国で一世を風靡した「竹の子族」からインスパイアされ、...
写真