日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 関ジャニ村上の熱愛報道、事務所OK

小島瑠璃子と関ジャニ∞・村上信五の“熱愛報道”に、ジャニーズから「ゴーサイン」あった!?

関ジャニ∞・村上信五

 タレントの小島瑠璃子が、関ジャニ∞・村上信五との熱愛を写真誌「フライデー」(講談社)に報じられ、ラジオ番組で「本当にシンプルな先輩。それ以上でも、それ以下でもなくて」と否定。2人の所属事務所も、それぞれ「友人関係」としたが、テレビ関係者からは「それはありえない」という反論が聞かれる。というのも、村上所属のジャニーズ事務所からは、内々に、この熱愛報道にゴーサインが出ていたからだ。

 報道では、10月上旬にマスクで顔を隠した小島が村上のマンションから出てくる姿が伝えられた。2人は半月に2~3日のペースで密会しており、深夜から朝方まで一緒に過ごすこともあったという。ジャニーズアイドルと女性タレントの熱愛は、よほど世間が騒がない限り、テレビでは“基本的にNG”となるはずだが、この記事が出た10月27日の朝、一部の情報番組では、このネタが扱われたのだ。

「ただ、その扱い方は、裏が見えてくるものだった」と、業界歴20年以上のテレビディレクター。

「例えばTBSで早朝に放送されている『はやドキ!』では、このネタを扱ったコーナーの冒頭で、30日から開始した関ジャニ∞の冠番組『ペコジャニ∞!』のPRが挟まれていました。熱愛のネタ振りがあって、PRを挟んでから本題……こんな面倒な構成を、朝の忙しい番組側が自らやるわけがなく、ジャニーズ側の“条件付きOK”だったと見て間違いないと思います。村上と小島の熱愛がウソなのであれば、そんな条件付けは成り立たないので、熱愛自体はガチですね」(同)

 ただ、ジャニーズ事務所がこうした条件付けでゴシップの扱いにゴーサインを出すのも、また異例のこと。それが今回に限ってOKだったのは、なぜだろうか?

「どんな裏取引があったのか、ハッキリと番組スタッフに伝えられるものではないので、真相はわからないと思いますが、ジャニーズ事務所にとってつぶしたい、もっと大きなゴシップがある場合、特例が発動されることがあります」(同)


12
こんな記事も読まれています

小島瑠璃子と関ジャニ∞・村上信五の“熱愛報道”に、ジャニーズから「ゴーサイン」あった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

加藤綾菜、嫌われ者の逆転現象

 今回取り上げるのは加藤茶の嫁、綾菜だ。20...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法は「国民救済」が目的じゃない! 

 東京オリンピックを視野に6月に施行される「チケット転売規制法」。チケットの高額転売...
写真