日刊サイゾー トップ > 社会 > 海外  > “動物密輸バイト”に勤しむ大学生

闇のブローカーが暗躍中! 東南アジアからの“希少動物密輸バイト”に勤しむ大学生たち

※イメージ画像

 東南アジアから動物の密輸を試みる者が後を絶たない。中には闇のブローカーが大学のサークルなどに“アルバイト”と称して話を持ちかける例もあるという。

 10月29日、タイ・バンコクのドンムアン空港で逮捕された21歳の日本人女子大生は、幼いカワウソ10匹をスーツケースに隠して持ち出そうとした容疑で逮捕。荷物検査で発覚し、当人は「売られていたのがかわいそうだと思って、1匹1,000バーツ(約3,000円)で買った。店員に問題ないと言われ、違法ではないと思った」などと供述したというが、スーツケースは巧妙に改造されており、10月下旬のパスポート取得と、日本から金曜に出国し日曜に帰国する短期間のスケジュールを考えると、その弁明は非常に怪しいもの。計画的な密輸が疑われている。

 容疑者の女性は、観光客に人気のチャトゥチャック市場で購入したと供述しているというが、もちろんカワウソの売買は現地でも違法で、通常この市場では販売されていない。筆者も取材で毎年数回のタイ渡航をしていて、同市場にも毎度のように立ち寄っているが、ペット売り場でカワウソを見たことは一度もなかった。同市場は観光客でにぎわうため、他に比べてパトロールも多い。

 バンコク在住の日本人実業家に聞くと「1匹1,000バーツで購入という言い分も非常に疑わしい」という。

「タイでも希少なカワウソが、犬より安い1匹1,000バーツなんて信じられないですよ。闇取引ならもっと高いはず。タイでは動物の密輸は、4年以下の懲役と1,000ドル以下の罰金という罪なのですが、価格によってその罪の大小を区別することがあるので、安く買ったという言い訳は犯罪者の常套句でもあります。11月の法改正でも一般的な密輸犯罪には『10年以下の懲役と価格4倍の罰金』となっていて、値段を低く言った方がよいという認識があります。当局もそれはわかっているので、ウソを言っても、そうそう通用しませんけどね」

 タイは他の東南アジア諸国と比べても観光客の出入りが多く、動物の密輸事件が多発中だ。今年2月も日本人の男によるカワウソなどの密輸事件があり、8月には中国で漢方薬の材料にされる希少動物・センザンコウの大量密輸が摘発された。9月、成田空港では中国人の男が小型サルの密輸入で逮捕。この男は10年間で90回以上のタイ渡航を繰り返しておりプロの密輸業者だったと見られるが、その過程でサル4匹うち3匹は死亡。希少動物の頭数は、こうした密輸の犠牲になって激減しているが、規制と比例して取引額も上がるため、なお業者のターゲットになってしまう悪循環がある。


12
関連キーワード

闇のブローカーが暗躍中! 東南アジアからの“希少動物密輸バイト”に勤しむ大学生たちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法は「国民救済」が目的じゃない! 

 東京オリンピックを視野に6月に施行される「チケット転売規制法」。チケットの高額転売...
写真