日刊サイゾー トップ > 芸能  > 吉木りさ“炎上系主婦タレント”に?

和田正人と結婚の吉木りさ エロくてしたたかで女子受け最悪……“炎上系主婦タレント”まっしぐら?

吉木りさ

 俳優の和田正人(38)とタレントの吉木りさ(30)が、「いい夫婦の日」の11月22日に都内の区役所に婚姻届を提出し、結婚したことを発表した。共通の友人の紹介で出会ったという2人。昨年7月にスポーツ紙で熱愛が報じられると、それぞれがブログで交際を認めていた。

「すでに同居はしていて、2人が住む都内の住宅地周辺ではデートしている姿が何度も目撃されています。特に隠す様子もなく、早い段階で結婚を決意していたようですね」(週刊誌記者)

 現在、TBS系ドラマ『陸王』に出演している和田正人。スタッフからの評判も、かなり良いという。

「すごく仕事熱心でマジメで、スタッフに対しても気さくに接しています。もともと陸上をやっていたということもあってか、体育会系で目上の人を立てる。基本的に腰も低くて、スタッフ皆“仕事がしやすい俳優さんだ”と話していますね」(テレビ局関係者)

 その一方で、吉木りさについては、さまざまなウワサもあるようだ。

「10代の頃から、男性関係は派手なほうだといわれていました。高校生くらいの時には、すでに芸能活動をしていたにもかかわらず、個人ブログに彼氏とのデートの話を投稿するなど、どちらかといえばオープンな印象。本人も“自分はエロい”と発言したことがあります」(芸能事務所関係者)

 そんな吉木は、アニメや漫画の大ファン。BLものが大好きな腐女子だという。

「過去には、番組内でケンドーコバヤシやオードリー若林正恭、ダウンタウンなどを題材にしたBL妄想ネタを本人の前で披露。ネット上の腐女子たちから、“ナマモノ(実在の人物を題材にしたBLモノ)を本人に見せるのはあり得ない!”と批判されたことがあります。とはいっても、吉木もテレビでナマモノを披露するのはタブーであると重々承知だったはず。炎上覚悟で、話題になるほうを選んだのでしょうね。かなりしたたかな女性です」(同)

 さらにグラビアでも、そのしたたかさを存分に発揮しているという。

「吉木はグラビアで大人気となったわけですが、基本的に水着のサイズは小さめで、お尻を強調するポーズが得意。際どいポーズも当たり前だし、イメージビデオでは疑似的に行為をしているかのようなシーンにも、積極的に取り組んでいました。仕事にマジメという捉え方もできますが、ある意味、売れるために戦略的なエロを実践していたということでもあると思います」(同)

 そんな吉木は結婚して、どう変わっていくのだろうか?

「吉木がブレークするきっかけとなったのは、フジテレビ系深夜番組『キャンパスナイトフジ』にキャンパスナイターズの一員としてレギュラー出演したこと。当時、キャンパスナイターズの中で吉木は人気メンバーでしたが、ほかのメンバーとの仲は悪かったようですね。野心が大きい半面、女性からは嫌われてしまうのでしょう。今後は、おそらく“主婦タレント”としての一面をどんどん出していくと思うのですが、それが一般の主婦から支持されるかどうかは微妙なところ。むしろ、女性受けの悪さを利用して“炎上系主婦タレント”の方向で攻めていくかもしれません」(同)

 何やら、炎上タレントまっしぐらな雰囲気が漂う吉木りさ。イメージが良い和田正人の足を引っ張らなければいいが……。

最終更新:2017/11/28 12:00

和田正人と結婚の吉木りさ エロくてしたたかで女子受け最悪……“炎上系主婦タレント”まっしぐら?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真