日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > 入江監督が語る『ビジランテ』後編
ごぶさたしています! 入江悠監督インタビュー

メジャーシーンで結果を出した入江悠監督が語る埼玉ロケ作品『ビジランテ』で挑んだ新境地!!【後編】

■ 『マイクの細道』東北ロケと入江監督の新しいステージ

──2017年は『SRサイタマノラッパー マイクの細道』がテレビ東京でオンエアされたことも、大きなトピックでした。ドラマの終盤、「SHO-GUNG」が川崎クラブチッタに登場してのライブシーンをスクリーンでもう一度観たいというファンの声はよく耳にします。

入江 『マイクの細道』は、最後のライブシーンに向けて物語が進んでいくドラマでしたからね。スクリーンで観たら、より盛り上がるでしょうね。

──地元・深谷で1日限定ながら『マイクの細道』の一挙上映をやったとか。

入江 やったみたいです。テレビドラマを映画館で上映するのは許可をもらうのが面倒だったりするので、よくできたなと感心していたんですが、無料上映という形にしてテレビ東京には黙認してもらったみたいですね(笑)。

──深谷市ってフリーダムな町だなぁ。『マイクの細道』第6話の冒頭でIKKUたちは釜石の被災地で合掌するシーンが1カットだけ映ります。時間があれば、被災地でのエピソードも撮りたかったのでは?

入江 釜石は撮影の半年くらい前から何度も行って取材もしていましたし、本当はそうしたかった。でも、深夜ドラマ25分の枠では、被災地で起きたこと、そして今も続いている問題を物語に置き換えるのがすごく難しくて。せめて、東北のこの場所には来たという足跡だけは残しておきたいと思い、1カットだけ撮ったんです。

──『22年目の告白』は入江監督が10代の頃に体験した阪神淡路大震災が物語の背景になっている。今回、『マイクの細道』で東北を回って感じたことは今後の課題になる?

入江 そうなると思います。青森では原子力施設のある六ヶ所村や三沢の米軍基地なども回ってきましたし、地元に帰っていたかつての仲間が東日本大震災で家族を亡くしたりもしているんですが、そのことにはまだ向き合うことができずにいます。どうしても実際に起きた事件や事象を咀嚼して、自分の作品として描くにはかなりの時間を要してしまうので、これからの課題だと言っていいと思います。その点、ハリウッドや韓国映画は、実際に起きたことを巧みにエンターテイメント化してしまう。あの知性には憧れますね。

──2017年は『ビジランテ』の撮影&公開、『サイタマノラッパー マイクの細道』の放映とDVD化、そして『22年目の告白』の成功と、新しいステージが見えてきた1年だったのではないでしょうか?

入江 『ビジランテ』はオリジナル作品ですし、『22年目の告白』もかなり思い切って脚色させてもらい、自分のやりたい道が見えてきたようには思います。ノアール感のある犯罪サスペンスに今年は照準を絞ることができたかなと。自分の監督作が年間2本公開されるのも初めてなんです。『ビジランテ』ともども、これからもよろしくお願いします。
(取材・文=長野辰次/撮影=長谷英史)

『ビジランテ』
脚本・監督/入江悠
出演/大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太、篠田麻里子、嶋田久作、間宮夕貴、吉村界人、菅田俊
配給/東京テアトル R15+ 12月9日(土)よりテアトル新宿ほか全国公開
C)2017「ビジランテ」製作委員会
https://vigilante-movie.com/index.php

■『ビジランテ』の公開を記念して、テアトル新宿にてトークショーを開催

ヤクザday
12月10日(日)  14:00の回上映後
ゲスト/般若、坂田聡、山口航太、龍 坐、大宮将司、蔵原 健、三溝浩二、裵ジョンミョン

ヤングday
12月16日(土)3回目上映後
ゲスト/吉村界人、間宮夕貴、大津尋葵、入江悠監督

デリヘルday
12月23日(土)4回目上映後
ゲスト/岡村いずみ、浅田結梨、市山京香、入江悠監督

●入江悠(いりえ・ゆう) 

1979年神奈川県生まれ、埼玉県深谷市出身。『JAPONICA VIRUS』(06)で長編監督デビュー。自伝的要素の強い青春映画『SRサイタマノラッパー』(09)が「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」オフシアター・コンペティション部門でのグランプリ受賞を皮切りに、自主映画として異例のロングランヒットに。『SRサイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』(10)、『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』(12)と共に『SR』北関東三部作として熱烈な支持を集めた。『日々ロック』(14)、『ジョーカー・ゲーム』(15)でメジャーシーンに進出。『22年目の告白 私が殺人犯です』(17)は3週連続興収1位を記録するヒット作となった。その他の主な監督作に『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンローロは鳴り止まないっ』(11)、『太陽』(16)など。『SRサイタマノラッパー マイクの細道』『22年目の告白』が共に現在DVDが絶賛リリース中。

最終更新:2017/12/08 11:44
12
こんな記事も読まれています

メジャーシーンで結果を出した入江悠監督が語る埼玉ロケ作品『ビジランテ』で挑んだ新境地!!【後編】のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

人力舎の”若手”アンダーパーに注目

 芸歴5年目、なのに全員オーバー30という、人力舎の”若手”トリオコント師「アンダー...
写真