日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > 入江監督が語る『ビジランテ』後編
ごぶさたしています! 入江悠監督インタビュー

メジャーシーンで結果を出した入江悠監督が語る埼玉ロケ作品『ビジランテ』で挑んだ新境地!!【後編】

『SRサイタマノラッパー』でおなじみの深谷の田舎道を歩く大森南朋と桐谷健太。大森南朋、お父さんにずいぶん似てきました。

──インタビュー後半は、入江監督に2017年を振り返ってもらえればと思います。6月に公開された『22年目の告白 私が殺人犯です』が興収1位をとったことは大きな勲章になったのではないでしょうか。

入江悠(以下、入江) 首の皮が繋がったかなと(笑)。『バトル・ロワイアル』(00)を撮った頃の深作欣二監督に「俺の頃は2~3本失敗しても、東映という会社があったからチャンスがまた貰えたけど、お前らはフリーだから1本でもコケると大変だよ」と言われたことがあったんです。メジャー映画を撮っていて、ヒット作が出せないようだと監督生命が終わってしまう―という危機感はずっとありました。『22年目の告白』が他の僕の作品とどこがどう違うという意識はないんですが、宣伝スタッフや主演の藤原竜也くんが作品のPRをすごく頑張ってくれたことにはとても感謝しています。今の日本はキラキラムービーが多いけど、『22年目の告白』のような犯罪サスペンスでもヒットすることが分かったことも大きな収穫でした。

──『22年目の告白』は地上波でテレビ放映されることは考慮せず、思い切ったバイオレンス描写を盛り込んだ。

入江 劇場公開でコケたら、地上波放送もないわけじゃないですか。あまり先のことを考えても仕方ないなと(笑)。子どもの頃からトラウマになるような殺人描写のある映画が好きだったので、そのくらい振り切ったものにしたいとはスタッフに話していました。北野武監督の『アウトレイジ最終章』も今年ヒットしているわけですし、飢えている人は多いと思うんです。テレビでは観ることができない、劇場でしか味わえないヒリヒリするような映画が観たいと思っている人はいっぱいるはずです。

──『22年目の告白』を撮る前に、デヴィッド・フィンチャー監督の『ゾディアック』(07)を見直したんですよね。

入江 はい。フィンチャー繋がりで言うと、『ビジランテ』で篠田麻里子さんに出てもらう前に、フィンチャー製作総指揮の政治サスペンス『ハウス・オブ・カード 野望の階段』(13~17)を見ておいてくださいと伝えたんです。大統領を目指すケヴィン・スペイシーの妻役のロビン・ライトの悪女ぶりを参考にしてもらえればと思って。ヒロインもの、好きなんです。『緋牡丹博徒』(68)みたいな業を背負った女性に惹かれますね。

 

『22年目の告白』に続いて『ビジランテ』でもバイオレンス描写への並々ならぬこだわりを見せた入江監督。

■キューバへの家族旅行と2017年のベスト映画

──『22年目の告白』が大ヒットしたことで、ワーナーで祝勝会が開かれた?

入江 ないです、ないです(笑)。夏に別の映画会社でもう1本映画を撮るつもりだったんですが、それが流れてしまって。『22年目の告白』が公開された後は暇だったんで、キューバ旅行に行きました。

──『サイタマノラッパー』シリーズは自宅でロケ合宿したりと、さんざん世話になったご家族との初の海外旅行ですね。

入江 これまで、本当に親のスネを齧って生きてきましたから(苦笑)。撮影で自宅をボロボロにするわ、スタッフやキャストを泊めて、親に食事を用意させ、足りない布団をご近所から掻き集めさせて……。『ビジランテ』もそれに近いことやってました。そろそろ親孝行しないとマズいなと、思い切ってキューバへ家族旅行したんです。日本に帰ってきたら、阪本順治監督がキューバで撮影した『エルネスト』が公開されていたんですが、「よく、こんな場所で撮影できたなぁ」とすごく面白く感じられましたね。キューバ旅行以外は、いろいろ映画を観て回っていました。

──入江監督の2017年のベスト映画は?

入江 そろそろ映画雑誌向けにベスト映画を選ばなくちゃいけないので、考えているところなんですが、強く印象に残っているのはドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のSF映画『メッセージ』ですね。恵比寿ガーデンシネマで公開されていた韓国映画『わたしたち』も好きでした。女の子たちが主人公なんですが、表情がとても豊かなんです。『新感染 ファイナルエクスプレス』もよかったんですが、後半は泣かせようとする演出が目立つのがちょっと残念。でも、あれだけ観客をぐいぐい引き込んでいく脚本は素晴しい。『22年目の告白』のオリジナルにあたる『殺人の告白』(12)もそうですが、韓国映画はじっくり時間を掛けて、丁寧に脚本を練り込んでいる。そこは日本映画も見習わなくちゃいけないところだし、負けられないなという気にもなりますね。

──熊切和嘉監督の『武曲 MUKOKU』は高校の剣道部が舞台でしたが、剣道経験者の入江監督的にはどうでした?

入江 面白かったですよ。近藤龍人さんの撮影も素晴しかったし、剣道部の雰囲気が伝わってきました。熊切監督じゃないと撮れなかった作品でしょうね。熊切監督がその前に撮った『ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS』(16)もよかった。僕もあの原作コミックが好きで、映画化したいなと考えていたんです。熊切監督に先にやられてしまいましたね(笑)。

 

物語を左右するファムファタールを演じるのは篠田麻里子。シェークスピア劇『マクベス』のマクベス夫人を思わせる重要な役どころ。

12
こんな記事も読まれています

メジャーシーンで結果を出した入江悠監督が語る埼玉ロケ作品『ビジランテ』で挑んだ新境地!!【後編】のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(後編)

【前編はこちらから】  インディーズ映画界の巨匠・若松孝二監督と「若松プロ」に集まっ...
写真