日刊サイゾー トップ > 芸能  > さかなクンの前マネジャーは怖い人!?

マネジャー募集のさかなクン、かつての取り巻きは意外にも「ふてぶてしい」「ちょっと怖い」人たちだった!?

さかなクン

 東京海洋大学の名誉博士でもあるタレント、さかなクンのマネジャー募集が話題となっている。月給23万円以上、賞与年2回、週休2日、使用期間6カ月後に正社員登用などの待遇で、学歴・年齢不問というもの。海外ロケに同行する際は別途、出張手当も出るという。

 ハコフグの帽子をかぶり、アニメのキャラクターのような声で「ギョギョギョ!」と言いながら魚の解説をする愉快なキャラクターからイメージすると、そのサポートは楽しそうな仕事に思える。当人はテレビ番組だけでなく、イベント出演や講演などで大忙しで、一説には「1本の仕事は2時間まで」と制限があるとウワサされるほど。だが、実のところ業界内では「さかなクンのキャラと取り巻きに、かなりギャップがある」と言われることもあるという。

 以前、あるイベントで、さかなクンに付き添っていたスタッフらしき数名が、“ヤンチャ”な感じの若者に見え、そのうち何名かが「専属マネジャー」だったということが、記者たちを驚かせたことがあった。テレビ関係者からも「さかなクンは収録時にも低姿勢で好印象だったのに、マネジャーがふてぶてしい感じの人だった」という話が聞かれたこともある。マスコミ以外でも過去、SNS上で「マネジャーが意外にも、ちょっと怖い感じの人だった」と報告されたことがあった。

 ただ、そのマネジャーも定着率が悪いのか、過去に何度もスタッフ募集が見られ、もともと取り巻きの人間も複数存在するため、一概には判断できない。逆に2013年ごろ、関係者間では「超イケメン男性」のマネジャーも注目されていたこともあった。テレビの女性ディレクターや女性のイベントプランナーの間でそれがウワサになり、「思いきって携帯の番号を聞いたら教えてくれなかったけど、さかなクンのステッカーをもらった」という女性もいたのである。

「このイケメンマネは評判が良くて、ファンがさかなクンとの記念写真を頼んでも、気軽に対応していた」との話だ。


12
こんな記事も読まれています

マネジャー募集のさかなクン、かつての取り巻きは意外にも「ふてぶてしい」「ちょっと怖い」人たちだった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

謎の集団「ケケノコ族」を直撃

 1980年代に原宿の歩行者天国で一世を風靡した「竹の子族」からインスパイアされ、...
写真