日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > 『パズドラ』のガンホー、次の手は?

『パズドラ』の次に打つ手は? 減収減益の続くガンホーのこれから

ガンホー・オンライン・エンターテイメント 公式サイトより

『パズドラ』の次に打つ手はあるのだろうか? 11月初頭に発表されたガンホー・オンライン・エンターテイメントの決算説明資料では、同社の減収減益が明らかとなった。

 今回発表された17年第3四半期(7~9月)決算は、売上高は前四半期比で11.1%減の208億4,000万円。四半期純利益は同0.9%減の59億0,600万円となっている。

 同社の主力である『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』がリリースされたのは2012年2月(iOS版)。すでにリリースから6年を迎えようとしている中で、人気が低下していることは明らかである。

 しかし、人気の低下により減収は避けられないとしても「オワコン」となっているかは疑問。11月に「魔法石10個! フェス限定ガチャ」を実施した際には、一時的ではあるものの、App Store売上ランキング(ゲームカテゴリー)でTOP3入りしたことが注目された。

「新規ユーザーは、これ以上は増えることはないでしょう。とはいえ、一時は大ブームになったタイトルです。熱心なユーザーは、まだまだゲームからは離れませんよ」(業界関係者)

 パズル系ゲームを愛好するユーザーにしてみれば『パズドラ』はゲームとして優れたタイトル。ちょこちょこ課金をしながら暇つぶし的に楽しむ分には、飽きがくることもない。何より、ここまで育てたゲームを引退するのはけっこう勇気のいることだ。

「今年からは、3人協力プレイが可能になりましたし、モンスターのトレード機能も追加されました。長く遊んでいるユーザーを飽きさせないための要素が緻密に設定されているのでしょう」(同)

 とはいえ、企業としていつまでも『パズドラ』に頼ることができないことは、当然わかっているはず。かつてのガンホーの屋台骨だった『ラグナロクオンライン』も、今では過去に大流行した名作となりつつある。オンラインゲームには、いずれ終わりが来るのだ。

 次にブレークするタイトルを模索している今が、正念場といったところか。
(文=是枝了以)

最終更新:2017/12/15 14:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

『パズドラ』の次に打つ手は? 減収減益の続くガンホーのこれからのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

極道×アイドルマンガ作者が語る魅力

 今、アイドル界では、ありとあらゆるものとの組み合わせが考えられている。プロレスアイ...
写真