日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > 『パズドラ』のガンホー、次の手は?

『パズドラ』の次に打つ手は? 減収減益の続くガンホーのこれから

ガンホー・オンライン・エンターテイメント 公式サイトより

『パズドラ』の次に打つ手はあるのだろうか? 11月初頭に発表されたガンホー・オンライン・エンターテイメントの決算説明資料では、同社の減収減益が明らかとなった。

 今回発表された17年第3四半期(7~9月)決算は、売上高は前四半期比で11.1%減の208億4,000万円。四半期純利益は同0.9%減の59億0,600万円となっている。

 同社の主力である『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』がリリースされたのは2012年2月(iOS版)。すでにリリースから6年を迎えようとしている中で、人気が低下していることは明らかである。

 しかし、人気の低下により減収は避けられないとしても「オワコン」となっているかは疑問。11月に「魔法石10個! フェス限定ガチャ」を実施した際には、一時的ではあるものの、App Store売上ランキング(ゲームカテゴリー)でTOP3入りしたことが注目された。

「新規ユーザーは、これ以上は増えることはないでしょう。とはいえ、一時は大ブームになったタイトルです。熱心なユーザーは、まだまだゲームからは離れませんよ」(業界関係者)

 パズル系ゲームを愛好するユーザーにしてみれば『パズドラ』はゲームとして優れたタイトル。ちょこちょこ課金をしながら暇つぶし的に楽しむ分には、飽きがくることもない。何より、ここまで育てたゲームを引退するのはけっこう勇気のいることだ。

「今年からは、3人協力プレイが可能になりましたし、モンスターのトレード機能も追加されました。長く遊んでいるユーザーを飽きさせないための要素が緻密に設定されているのでしょう」(同)

 とはいえ、企業としていつまでも『パズドラ』に頼ることができないことは、当然わかっているはず。かつてのガンホーの屋台骨だった『ラグナロクオンライン』も、今では過去に大流行した名作となりつつある。オンラインゲームには、いずれ終わりが来るのだ。

 次にブレークするタイトルを模索している今が、正念場といったところか。
(文=是枝了以)

最終更新:2017/12/15 14:00
関連キーワード

『パズドラ』の次に打つ手は? 減収減益の続くガンホーのこれからのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真