日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > カミナリ、ブレイクのワケは“孫キャラ”

カミナリ“ブレイクタレント第1位”のワケは「孫キャラ」! テレビ視聴者高齢化の恩恵

グレープカンパニー公式サイトより

 お笑いコンビのカミナリが、ニホンモニターによる2017年度のブレイクタレント第1位となった。年間出演本数は235番組であり、昨年の5番組から約50倍の大幅アップである。カミナリは昨年の『M-1グランプリ2016』(テレビ朝日系)の決勝に出場し知名度を上げた。なぜ、彼らはブレイクに至ったのか。

「カミナリは、ギャップが受けているといえるでしょうね。出身地の茨城弁を駆使した漫才からは素朴なイメージを受けますが、ツッコミは一転して激しい“どつき”を見せます。そうした漫才のギャップは、視聴者にインパクトを与えたといえます。さらには、2人が幼稚園からの幼なじみというエピソードも、お互いの信頼関係であの漫才をやっていると印象づけることになり、好感度は高いでしょう。彼らが所属するグレープカンパニーは、サンドウィッチマンや永野などが所属する小さな事務所です。大手事務所の“ゴリ押し”で売れたわけではない点も評価できますね」(放送作家)

 もう一つ、カミナリの人気を決定づけているものが“孫キャラ”である。現在のテレビは中高年の視聴者が多い。彼らにかわいがられるようなキャラクターが受けているのだ。同じタイプではオードリーもブレイクを果たした。

「オードリーは『M-1グランプリ2008』(同)に敗者復活組から決勝進出を果たします。NON STYLEに敗れ準優勝となりますが、現在のテレビへの出演本数はオードリーの方が上です。今どきの若者風のNON STYLEよりも、素朴なオードリーの方が受け入れられたのです。若林の人見知りキャラや、無駄遣いをしない春日のケチキャラなどは中高年の受けは良いでしょう。カミナリも、その枠にぴったりとハマったといえます」(前出・同)

 テレビは今後ますます高齢者向けメディアとなるだろう。そうなると、カミナリの立場はますます安泰となりそうだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2017/12/18 06:00

カミナリ“ブレイクタレント第1位”のワケは「孫キャラ」! テレビ視聴者高齢化の恩恵のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真