日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 排水・下水から抽出する“下水油”の恐怖

排水溝・下水道から食用油を抽出! 中国で流通する“下水油”の恐怖「悪臭を放つドロドロの液体が……」

通報は寄せられた下水油の抽出工場、見た目からして不衛生極まりない(東網)

 下水をくみ上げた汚水から抽出した油分で生成される違法食用油「下水油」(地溝油)については本サイトでもたびたび取り上げてきた。

 一時は年間200万~300万トンが市場に流通しているともいわれ、大きな社会問題となったことから、中国各地では地方政府主導の下水油撲滅作戦が展開され、下水油業者は撤退したかのように見えた。

 ところが、彼らは地下深くに潜っていただけだったようだ。

 ニュースサイト「南方網」(12月26日付)によると12月初旬、広東省東莞市にある村の住民から当局に通報が寄せられた。その内容は、村の近くに建設された工場から悪臭が発生しているため、調査を依頼する内容だったという。

 地元住民の話によると、この工場は昼間は稼働しておらず、毎晩8時頃になると、ドラム缶を積んだトラックが工場を出入りするなど動きが活発になるという。地元メディアがこの工場に潜入し、ドラム缶の中を覗き込むと、そこには黄色や黒味を帯びた悪臭を放つドロドロした液体が積まれていたという。

工場内ではこうした下水道から汲み上げた液体が悪臭を放ち大量に貯蔵されていた
下水からの汲み上げに使用されていたと思われる容器

 そして12月21日、地元衛生局が立ち入り調査を行い、工場内にあった下水油や、抽出に使用したとみられる道具などを押収した。この工場では、飲食店などの下水道や排水溝にたまっていた液体を集め、油分のみを抽出し、再び安い料金で食用油として販売していた疑いがあるという。さらに、油分を抽出する中で出た汚物を付近の川に直接流していたのだ。当局は環境汚染の容疑でも、この工場の関係者から聴取する見込みだという。

 専門家によると、下水油の成分にはヒ素よりも毒性の強い成分や、農薬、発がん性物質などが大量に含まれているというが、中国の消費者は一体どうやって身を守ればいいのだろうか……。
(文=青山大樹)

最終更新:2018/01/10 21:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

排水溝・下水道から食用油を抽出! 中国で流通する“下水油”の恐怖「悪臭を放つドロドロの液体が……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

 そこはまさに“夢の砦”だった。ピンク映画『甘い罠』(65)で映画界に殴り込んだ若松...
写真