日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > ウーマン村本に『朝生』現場から証言

ウーマン・村本大輔『朝生』出演の「それでいいなら出る」条件に「そんな話は知らない」と現場から複数証言

ウーマンラッシュアワー・村本大輔

 元日に放送された『朝まで生テレビ!元旦スペシャル』(テレビ朝日系)での発言が炎上しているウーマンラッシュアワーの村本大輔が、「今回の朝生のオファーあった時に、小学生以下のバカ丸出しの質問して話し止めるけどそれでいいなら出るってのが条件だった」とtwitterで明かしていることについて、複数の番組関係者が「そんな話は知らない」と答えている。

 制作に携わった番組ディレクターは「自分が村本さんにオファーしたわけでもないですが、現場でそんな話は、まったく聞いたことがなかった」と話し、別のディレクターも「トークの中身はそれぞれ出演者の自由で、フェアな討論をしてもらうため、誰かに特定の条件を認めてっていうことはしてないはず」とした。

 村本に出演交渉をした関係者が、番組全体の意向とは関係なく、何か個別に約束をした可能性はあるが、少なくとも制作現場でそうした話が周知されていた事実はないようだった。

「こう言っては失礼ですが、学者でも専門家でもない、お笑い芸人が出る時点で、高い見識は期待されていないので、率直な意見を言う議論で構わなかったわけですが、発言を問題視されて、『番組側からそういう発言の許可が出ていた』みたいなニュアンスで責任転嫁するのは正直、ちょっとおかしいと思いますね。台本にあってしゃべらされたわけでもなく、自分の言葉でしゃべっているんだから、出演条件とか、あってもなくても関係ないのですし」(同ディレクター)

 番組で村本は、尖閣諸島の問題に議論が及んだ際、「侵略されたらどうするの」との問いに「白旗を上げて降参します」「取られてもいい」と言い、龍谷大の李相哲教授から「沖縄をくださいと言ったら、あげるわけですか」と聞かれると「もともと中国から取ったんでしょ」と答え、事実ではない主張をしたため大きな物議を醸した。

 中国メディアでもこの話は伝えられ、一部のポータルサイトでは、その記事がニュースランキングに連ねていたほどだ。その影響は少なからずあり、ネット上では「沖縄は中国領土だったのか」「日本人にも中国寄りな人がいるんだね」などという意見が交わされ、さらに「中国は武力を使ってでも沖縄を取り返せ」という過激な主張も踊った。

 後に村本はこの発言を「拡大解釈」と弁明したが、中国のネット上を見たところ、その発言撤回はほとんど知られていない。Twitter自体が中国では規制により基本的に閲覧ができないこともあり、もともとTwitterでの発言が取り上げられることがあまりないからだ。

 一方、問題の“朝生“は『夜明けの討論』という番組名で紹介され、映像が中国語の字幕まで付けられ拡散し続けている。

 また、一部の中国サイトでは、村本が「日本の教育の失敗ではないか」と多くのネット民に批判され、番組自体が“放送事故”扱いを受けているとも伝えている。その反応を見たところ、沖縄よりも尖閣の方に反響が大きいようで、「釣魚島(尖閣諸島)を取り返すことについて真剣に議論しよう」と呼びかける人も多々。このあたり中国事情に詳しい台湾人ライターの李銀珠さんに聞いたところ「沖縄は中国の旅行客にとって大人気の行き先なので、武力で奪えなんて乱暴な議論は起こりにくい」という。

「一方、尖閣は中国政府が自国の領土だと主張していて、人が住んでないので『奪え』と言いやすいところがあります。ただ、中国でも日本が好きな人は少なくないので、多くの一般人は武力衝突なんて望んでないと思います。それよりも日本人に『攻められたら降参する』という考えの人がいるってことの方が、衝撃的に映っているようです」(同)

 いろいろな意味で波紋を広げてしまった村本発言。言論の自由がある以上、自分でそう思うなら堂々と主張すればいいわけだが、そんな中で責任転嫁された番組サイドは困惑の表情で固まったままだ。(文=藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)

最終更新:2018/01/17 22:30

ウーマン・村本大輔『朝生』出演の「それでいいなら出る」条件に「そんな話は知らない」と現場から複数証言のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

渡部建、復帰番組が打ち切りへ

「週刊文春」(文藝春秋)に複数女性との品性下...…
写真
インタビュー

『パラサイト』ポン・ジュノ登場!

 現実に起きた連続猟奇殺人事件を題材にした『殺人の追憶』(03年)、泣ける怪獣映画『...
写真