日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 2018年アイドル界を勝手に大予想

でんぱ組.incの新体制&グループ兼任……アイドル界に地殻変動!? 2018年アイドル界を勝手に大予想

「ディアステージ」公式サイトより

 一年の始まり、あちこちの業界で「2018の展開を予想する」といった記事が出てくる。
もちろんアイドル界もその例に漏れず、多くの識者や業界関係者、現役アイドルなどが「今年はこの子たちがくる!」「今年はこんな展開になる」といった展望を述べている。

 もちろん、それなりの経験を積んできた人たちばかりだから、見る目は確かだろう。しかし、極論すれば「予想」などというのは、当たろうが当たるまいがどっちでもいいのだ。

 実は重要なのは、その見解を聞いて「そうなったら面白いな」「自分だったら違った読みをするな」と自分自身のスタンスを確認し、それを楽しめるかどうかではないかと思っている。

 そこで今回は、2018年のアイドル界を展望し、起こったら面白そうなことを勝手に予想してみようと思う。念のため申し上げておくが、私自身、そこまで「的中させよう!」という気があるわけではなく書いているので、参考程度に読んでいただければ幸いだ。

 まず最初に挙げたいのは、アイドル界の勢力図である。言うまでもなく、現在のアイドル界は、48グループ、坂道グループの『秋元勢』を中心として、モーニング娘。’18、アンジュルムなどの『ハロプロ勢』、ももいろクローバーZ、私立恵比寿中学を擁する『スターダスト勢』など、多くの勢力が台頭している。

 そんな中、昨年末ひとつの勢力に動きがあった。これまで、でんぱ組.incや妄想キャリブレーションなどが所属していた『ディアステージ』に、今年から虹のコンキスタドール、ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)のいた『ピクシブ勢』、愛乙女☆DOLL、Chu☆Oh!Dollyの『ArcJewel勢』が合流し、一大勢力となったのだ。

 これは言ってみれば、中堅どころが力を合わせ、王者に戦いを挑む構図。セブンイレブンに対抗するため、ファミリーマートがサンクスとサークルKを吸収したようなもの、とでも言えばわかりやすいだろうか。

 18年はこの勢力の統合の動きが加速するのではないかと思っている。これまで大手の陰に隠れていた中小の勢力がいくつか手を組み、存在感を増してくるというようなことも起こるだろう。

 思い出してみてほしい。1990年代のバブル崩壊をきっかけに、銀行の合併・吸収が急速に進み、元の銀行がどこだかわからなくなるほど名前が変わっていった時のことを。地殻変動は始まっている。最後に落ち着く先は、どのような姿になっているか注目したい。

12

でんぱ組.incの新体制&グループ兼任……アイドル界に地殻変動!? 2018年アイドル界を勝手に大予想のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真