日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > リケ女が「レイプ防止パンティ」開発

インド10代リケ女が「レイプ防止パンティ」を開発! GPSにカメラ、自動通報機能付き

手づくり感たっぷりのレイプ防止パンティ。股の部分をもっとタイトにしないと、脇から“侵入”されてしまいそう

 世界で中国に次いで2番目に人口が多いインド。インドというと、すぐにカレーを思い浮かべる日本人が多いのではないかと思われるが、最近は、女性に対する性的暴行やハラスメントなどの事件が頻繁に起こることでも知られるようになっている。

 現地の少女が道端で数人の男に連れ去られ、性的暴行を受けた末に殺害されるといった事件や、外国人旅行者が現地の男に乱暴されるなどというニュースも数多く流れてくる。

 そんなインドで、10代の理系女子大生が女性向けの「レイプ防止パンティ」を開発し、特許を取って販売しようとしていると、イギリスのタブロイド紙「デイリー・メイル」が伝えている。

 それによると、インド北部の貧しい家庭で育ったセーヌ・クマリさんが、日本円にして8,000円以下で作ったというレイプ防止パンティは、生地が防弾・防刃で、加えてロック機能や自動通報機能、そしてビデオカメラまで備えているという。

 ロック機能はお腹の部分にあり、3ケタの番号を照合しないとパンティを脱がすことができないようになっている。また、男性に襲われそうになった際にボタンを押すと、自動的に家や警察に通報されるようになっており、GPS機能により居場所もすぐに特定でき、通報を受けた警察が現場に急行できるようになっている。

 ビデオカメラ機能は、レイプ犯の顔をカメラが捉えてその映像を保存し、誰が犯人なのかが後からでもわかるようになっているという。

ロック機能にGPS機能、自動通報装置などがベルト部分に装着されている

 これを作ったクマリさんは、自分の発明について「これを毎日身に付ける必要はないけど、一人で旅行に出るときや、あまり安全ではないところに行くときに着用すれば安全。変な男に女性の尊厳を侵されることがなくなるわ」と話している。

 クマリさんは、すでにこのパンティを国の然るべき機関に送り、特許を申請しているところだという。「特許を得て、生地と搭載する機器をもっといいものにすれば、実用的になるし、マーケットでも売れると思うわ」とクマリさんは言う。

 この発明によりクマリさんが貧しい我が家の家計を助けることができるようになるとともに、インドでレイプ犯罪が撲滅されることを祈るばかりである。

最終更新:2018/02/01 21:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

インド10代リケ女が「レイプ防止パンティ」を開発! GPSにカメラ、自動通報機能付きのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

「7.22銃乱射事件」が映画化

 日本人にとって「3.11」は東日本大震災と福島第一原発事故を思い出させる重い数字と...
写真