日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『BG』で損してるのはキムタク自身!?

視聴率低下の『BG』最も損をしているのは木村拓哉自身!? SMAP解散と飯島氏の退社が影響か

テレビ朝日系『BG~身辺警護人~』番組サイトより

 木村拓哉が民間ボディガードを演じる『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の第3話。視聴率は13.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、まあまあ下げました。大手マスコミさんは「東京は雪が降り始めた」とか「名古屋では視聴率が高い」とか、いろいろフォローを考えなくてはいけなくて、その心中、お察しするばかりです。

 さて、前回のレビューで「このドラマはキムタクに『全振り』するためだけに作られている」と書きました。今回は、言わずもがな盛んに宣伝されていた「橋のシーン」が見どころとなります。地上50メートルの橋から、宙吊りになるキムタク! 超絶アクション! そこまで、どんなふうにたどり着いたのか、さっそく振り返ってみましょう。

(前回までのレビューはこちらから)

■こんなアクション、初めて見たよ

 

 ずっと昔から、洋邦を問わず、映像作品では数多くの橋梁アクションが描かれてきました。主人公が橋から落ちそうになる。それは、アクション作品における定番中のド定番といえるでしょう。とりあえず橋から人をぶら下げておけば画がもつし、ドキドキしちゃうもんです。

『BG』第3話のコンセプトが「キムタクを橋からぶら下げてみよう」だったことは明らかです。

 結果、見たことのないアクションが画面に現れました。順を追って説明しましょう。

 キムタク、お金ではない紙束の入ったカバンを橋の欄干に置く(すごく不安定で、すぐ落ちそう)。

 風が吹く。

 カバンが落ちる。

 キムタク、「大変だ!」という顔をして欄干を勢いよく乗り越え、カバンをキャッチ!

 カバンを右手で掴みつつ、左手1本で全体重を支える。

 いつの間にか橋の手すりとキムタクの腰が手錠でつながっていて、安全。

 もう、どこからどうツッコんでいいのか、まるでわかりません。キムタクは「だから高所恐怖症だって言ったのにぃぃぃー!」とか叫んでいます。どうだ、キュートだろ! と言わんばかり。はいはい、キュートキュート。おキュート。

 逞しくて頼りになって、強くてキュート。そういうキムタクを見せることに特化して、1時間使って、それを見せた。その1時間に価値があると思えば見ればいいし、価値がないと思えば見なければいい。『BG』は、そういう性質の作品です。

 

■ちなみにストーリーは……

 

 お話としては、元ヤンの女優が地元のヤンキーと結託して事務所の社長から1億円を奪おうと狂言誘拐を企み、そのヤンキーに裏切られてピンチに陥るものの、先の橋のアレでなんとかなって女優に復帰するという話です。

 この女優が犯人と結託して事務所社長を脅したことは事実ですが、逮捕も送検もされません。このへんの犯罪行為や司法制度についての認識のユルさ・甘さは前回も指摘しましたが、それなりにたくさんの人が見るんだから、ホントちゃんとやってほしい。

 とはいえ、これも前回同様、決定的な破綻がないんです。普通に考えて、すぐにでも行き詰りそうな乱倫なプロットなんですが、みんながみんな、少しずつ変な行動をすることで、ドラマとしての全壊を逃れている。ヨレヨレになりながらも、橋のシーンまでたどり着いてる。

 今回の『BG』の脚本は、物語の矛盾を薄く伸ばして各所に忍ばせ、動機をあえて語らず、時制を乱すことも厭わず、とにかくキムタクの見せ場に視聴者を連れて行くことだけを目的に組み上げられているように見えます。結果、キムタクを見たいだけの視聴者に大きな満足をもたらすことに成功している。

 こうしたドラマは、キムタクを見たいだけじゃなくて面白いドラマを見たいと思っている視聴者に、薄い、浅い、幼い、センスがない、といった印象を与えることになりますが、「そんなの関係ねえ!」わけです。

『BG』を見続けるなら、もう、そうしたコンセプトを飲み込むしかありません。私は飲み込むことにしました。思えば、前回までより格闘は冴えてたね! ロングだと誤魔化せないと思ったのか、今回は動くキムタクを画角に“収めない”ことでスピード感が出ていたね!

 

■ここからは想像です

 

 脚本家の井上由美子さんも「これはないわなー」と思いながら書いてるんじゃないかな。去年NHKでやってた『お母さん、娘をやめていいですか?』に注いだ情熱が100だとすれば、2くらいしか使っていないように見えます。あるいは、「キムタクがカッコよければOKです」というオーダーに喜び勇んで、ノリノリで書いているかもしれませんが。

 キムタクのドラマは常々「何をやってもキムタク」「キムタクだけ目立つ」といわれていますが、ここまでほかのキャストが“お人形”だったことってあったかな、と思うんです。ちょっとやりすぎというか、作品の全体像が崩れすぎな印象がある。

 これ、SMAPの解散と飯島三智さんのジャニーズ退社が影響してるのかもしれません。ジャニーズからの「キムタクを前面に」という基本的な注文は変わってなくても、出所が飯島さんじゃなくなったことで、バランス感覚というか、押しどころ・引きどころが狂っているように見える。

 それを象徴してるのが、キムタクの苦悶のなさです。SPにバカにされても犯罪者に殴られても、全然カッコ悪く苦悶しない。なんか達観して、平然としてる。結果、毎回が逆転劇なのに、逆転劇に見えなくなってる。

 橋からぶら下がってる人が「別に大丈夫だよ」って顔をしているアクションシーンなんて、誰も見たことなかったはずです。「別に大丈夫」だったら、橋からぶら下げる必要がないからです。「うう、苦しい、落ちそう……!」って苦悶するから、全体重を支える手が震えるから、そこから這い上がる姿に心が動かされるわけです。

 キムタクファンに全振りした『BG』で最も損をしているのは、たぶんキムタクです。これじゃ熱心なファン以外、全然楽しめない。「何をやってもキムタク」のイメージだけが、どんどん色濃くなっていく。現場だって、「またキムタクとドラマを作りたい」なんて思えなくなっていく。

 もうアイドルもできないし、歌やトークが上手いわけでもないし、役者として生きていくしかない45歳にこういう企画をやらせた周囲のスタッフが、いちばんキムタクに失礼なことをしているよなーと、そんなことを感じた第3話でした。

 そんなわけで、また次回!
(文=どらまっ子AKIちゃん)

最終更新:2018/02/02 20:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真