日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 『M-1』準優勝・和牛の憂鬱

『M-1』準優勝コンビ・和牛の憂鬱……「ネタが評価されている」弊害も?

吉本興業公式サイトより

 優勝したコンビよりも、準優勝のコンビのほうが売れる──。近年、お笑い賞レースではそんなジンクスがあるが、昨年12月の『M-1グランプリ2017』については、優勝したとろサーモンも準優勝の和牛も、ともに順調といえそうだ。

「とろサーモンについては、平場のフリートークももともとうまいので、トーク系のバラエティー番組のスタッフも安心してブッキングしています。一方の和牛ですが、トークのほうはまだまだといった印象。それよりも、視聴者からの“ネタが見たい”という声が多いんです。だから、トーク系のバラエティー番組でも、ひな壇でブッキングするのではなく、特別ゲストみたいな感じでネタだけを披露してもらうというパターンがありますね」(バラエティー番組関係者)

 2月11日に放送された『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)では、ゲストの北村匠海が好きなお笑いコンビとして和牛が登場。北村と3人で和牛のネタを披露したが、和牛の2人はひな壇に座ることなく、フリートークもほとんどなかった。

「現状では“和牛はネタ”というイメージが強く、制作サイドもネタを期待してブッキングしています。本人たちもネタに対するこだわりが強く、ネタを期待されて番組に呼ばれるのはうれしいと感じているようですね」(同)

 しかし、ネタの評価が高い芸人は、トーク系バラエティー番組には呼びにくくなるというジレンマもある。バラエティー番組を手がける放送作家はこう話す。

「芸人さんがバラエティー番組に出る時は、基本的に“イジられてナンボ”ということになるんですが、“ネタが評価されている”というイメージで出てくると、途端にイジりにくくなる。たとえば、話題のミュージシャンが出てきて1曲披露するなんていうパターンがありますが、それと同じような感じになってしまうんです。漫才師にとってネタを評価されることは歓迎されるべきなんですが、テレビで活躍する芸人になるには足かせになってしまうケースもあるということです」

 むしろ和牛はこれからが勝負ということとなりそうだが、いわゆる“東京の平場”で和牛が活躍できる可能性はあるのだろうか。

「ボケの水田信二は元料理人というキャリアがあり、すでに関西では“料理芸人”としての立場を確立しつつあります。また、水田が先輩後輩問わず異常に神経質な性格を披露していることもあり、エピソードには事欠きません。一方で、ツッコミの川西賢志郎もトーク技術については折り紙付きですし、関西の若手の中では今、ミキ・亜生とともに女性人気が爆発している。本人たちは今年年末の『M-1』優勝こそが第一目標でしょうが、その前に全国的なブレークを迎える可能性も、決して小さくないと思いますよ」(関西在住のお笑い専門誌ライター)

 賞レースでは結果を出しても、バラエティー番組ではまったく見かけない芸人は少なくない。和牛の明日はどっちだ!?

最終更新:2018/02/19 12:00
こんな記事も読まれています

『M-1』準優勝コンビ・和牛の憂鬱……「ネタが評価されている」弊害も?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーCM、なぜ素晴らしい?

 まだまだラグビーW杯は続くのに、日本の敗戦と...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真