日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 房総のむら、コスプレ撮影禁止に苦慮

撮影場所への理解が足りなかったのか……「房総のむら」コスプレ“撮影禁止”に博物館側も苦慮

体験博物館 千葉県立房総のむら 公式サイトより

 コスプレ撮影の名所がマナー違反の多発で、受け入れ中止を余儀なくされてしまった。千葉県にある、博物館「千葉県立房総のむら」での出来事だ。

 ここは、江戸時代などの街並みを再現して展示する野外博物館で、千葉県民にとっては小学校の遠足の定番スポットとして知られている。それと同時に多くのコスプレイヤーにとっては「対応も親切な撮影スポット」として利用されてきた。

 そんな博物館が、コスプレイヤーの受け入れを中止した理由は、利用者のマナー違反。これまで「房総のむら」では、撮影の申し込みがあった場合、利用者と服装などを打ち合わせた上で許可してきた。

 ところが、実際の利用の際に申し込み時とは違う行為に及ぶ事例が多発していたのだという。

「うちは時代背景を重視した博物館なのですが、申し込みの時には和装だったのが、実際には洋装だったり……」

 そう話すのは「房総のむら」の担当者。時代背景が合わないだけならまだしも、過度に肌を露出させた衣装などの例も「統計は取っていないが、目立つようになってきた」のだという。さまざまなマナー違反が中止に至る理由だったようだが、来館者に街並みなど江戸時代の風景を体験してもらう博物館のコンセプトが崩れてしまうことが、もっとも問題になったようである。

 刀などの長物を用いた撮影や、撮影のために展示物を移動する行為も、マナー違反であると共に、博物館のコンセプトを理解した上で利用しているのか疑念を感じさせるものとなったようだ。

「撮影の際には、コスプレイヤーもカメラマンも、よりよい写真を撮ろうと思いテンションが上がってモラルを失いがち。鉄オタが撮影のために線路沿いの立木を勝手に切ってしまうのと一緒です。他人事だと思わずに気をつけなくては……」(コスプレカメラマン)

 これまで、理解ある撮影地だった「房総のむら」のコスプレ撮影禁止は、多くの利用者にショックを与えているが、それは「房総のむら」も同様だ。

「多くの方は、ちゃんとマナーを守って利用していただいているので、本当に申し訳ないと思っています。再開するかどうかは、これから検討する予定です」(前述担当者)

 なお、公式サイトでも記されているが、コスプレは禁止とするものも、時代背景に即した通常の和装での入館は従来通りとのこと。撮影云々とは別に、和装で見学して江戸時代の気分を味わってみるのもよいかも。
(文=昼間たかし)

最終更新:2018/02/20 12:03
関連キーワード

撮影場所への理解が足りなかったのか……「房総のむら」コスプレ“撮影禁止”に博物館側も苦慮のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

人種差別横行のハリウッドに変化

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・...…
写真
インタビュー

人間の本性としての暴力と協力

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有...
写真