日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > ベッキー“エロ”拒否で評価ダダ下がり

ベッキー『くノ一忍法帖』出演も“エロ忍術”拒否で評価がダダ下がり!

BSジャパン『くノ一忍法帖 蛍火』番組サイトより

 タレントのベッキー主演ドラマ『くノ一忍法帖 蛍火』(BSジャパン)が4月にスタートする。同作は山田風太郎の人気時代小説が原作。時代劇初挑戦となるベッキーは、普通の町娘と見せかけて、実はくノ一という役どころで、仲間と共に悪を成敗するというストーリーだという。

『忍法帖』シリーズといえば、確実に子を宿すための「吸壺の術」や、男女が合体した際に男性器を強く締め上げる「忍法天女貝」など、くノ一ならではの“トンデモ”エロチック忍術が最大のウリ。

「過去には水野美紀も、このシリーズに出演。脱ぎシーンこそなかったものの、対面座位で女性器をこすり合わせて、仲間のくノ一が孕んでいる胎児を移植するという、なんとも卑猥な『忍法宿貸しの術』を繰り出し、感じまくる表情で視聴者の熱い視線を浴びたものでした」(芸能関係者)

 今回もベッキーが、どんなエロ忍術を披露してくれるのかに注目が集まっていたのだが、その期待はどうやら空振りに終わりそうだ。

「不倫騒動で仕事がなくなっていた当時、ベッキーは文字通り“裸一貫”の覚悟で肌露出を解禁。宝島社の新聞広告では、背中ヌードも披露していたほどだった。『くノ一』のオファーもその流れで受けたもので、股を開いたセクシー技や濡れ場もふんだんに用意され、実際に一部は撮影済みだったといいます。ところが、最近はCMに出演するなど徐々にメディアへの露出が回復。復活への自信がついたのか、直前になって『やりたくない』『脱ぎたくない』とダダをこね始めたんだそうです。結果、衣装も肌露出の少ないものになり、脚本も修正。エロいシーンはカットになってしまった」(同)

 ベッキーに手を差し伸べたドラマスタッフを落胆させたことで、またぞろ業界内で彼女の評価は下がりそうだ。

最終更新:2018/02/21 10:00

ベッキー『くノ一忍法帖』出演も“エロ忍術”拒否で評価がダダ下がり!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

長瀬智也の説得工作で仰天プラン

 新型コロナウイルスの感染拡大でイベントやコ...…
写真
インタビュー

電気グルーヴ騒動を斬る!

 今年3月、コカインを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された電気グルーヴのピエ...
写真