日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『アンナチュラル』が描いた“いじめ”

TBS『アンナチュラル』殺人実況とパプリカに込められたイジメへのメッセージがズシリと重い……

TBS系『アンナチュラル』番組サイトより

 石原さとみ主演ドラマ『アンナチュラル』(TBS系)の第7話が先月23日に放送され、平均視聴率9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から0.8ポイントダウンとなってしまいました。

今回はネット配信を題材にした事件。ある日、三澄ミコト(石原さとみ)は、予備校で働く弟・秋彦(小笠原海)から、法医学に興味を抱く高校1年生・白井一馬(望月歩)に会って欲しいと頼まれます。しかし、約束の時間になっても白井は現れず。後日改めて、ということになります。

 すると翌朝、不自然死究明研究所(通称・UDIラボ)に出勤したミコトのもとに、「これを見たら電話をください」と、白井からリンクアドレス付きのメールが送られてきます。そのアドレスをクリックすると、“殺人者S”と名乗る高校生が、自身が殺したという“Y”を背後に映してライブ配信中。まさかと思い、ミコトが白井に電話をかけると、画面の向こうで着信音が鳴り響きます。

 ミコトからの電話を受けた白井は、ヒントをもとにYの死因を特定するよう挑戦状を叩きつけてきます。そして、もしミコトが正しい答えを導き出せなかった場合、人質にしているXも殺すというのです。

 突如として殺人ゲームに巻き込まれたミコトですが、1つ目のヒントとして映された死体の状態から、死亡推定時刻を冷静に弾き出します。そして、ヒント・タイムが終わるとすぐ、白井が通う学校へ向かい、Yが横山伸也(神尾楓珠)という名前の生徒であることを突き止めます。

 そんな中、再び訪れたヒント・タイム。白井は横山を裸にし、背中にある3箇所の傷跡を見せます。これによってミコトは、白井が横山の服を脱がす際に用いたサバイバルナイフによる刺殺だと断定。しかし、それではあまりに単純すぎる。白井がわざわざ挑戦状を叩きつけてきた理由は何なのか……。

 また、横山の体中にアザがあることにも疑問を抱きます。そんな折、白井と横山が、クラスメイトの小池颯太(小野寺晃良)を中心としたグループからイジメを受けていたことが発覚。さらに、3つ目のヒントとして提示された凶器のナイフが小池のものであることもわかります。

 そのナイフの柄には白い粉が付着。さらに、ヒントを出すまでの間、白井がシャーロック・ホームズ・シリーズの『ソア橋』という短編を音読していることから、ミコトは事件の真相に気がつきます。

 この『ソア橋』という短編では、ある男性が橋の上で拳銃自殺。しかし、拳銃は縄で繋がれた石の重みで死後に川へドボン。他殺に見えるというトリックが扱われていました。横山はこれを応用し、紙粘土に小池のナイフを固定して、その上に背中から倒れ自殺。小池を殺人者に仕立て上げようと画策したのでした。

 しかし、横山が自殺したちょうどその時、小池たちには完璧なアリバイがあった。このままでは、横山の死は無駄になってしまう。そのことを覚った白井が、ミコトを巻き込むカタチで、小池たちのイジメを世に知らしめようとライブ配信した、というのが今回の事件の真相だったのです。


12

TBS『アンナチュラル』殺人実況とパプリカに込められたイジメへのメッセージがズシリと重い……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

韓国芸能界の非道な仕組み

今週の注目記事・第1位「KARAク・ハラを追...…
写真
インタビュー

ゲキメーションの旗手登場!

 デジタル化の進む現代社会において、アナログ感たっぷりな新しい恐怖の扉が開いた。京都...
写真