日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > エロ  > 胸も好みのままに…AI搭載ドール登場

中国企業がAI搭載のリアルドールを開発! 月400体の量産体制へ「瞳や胸も、お好みのままに……」

スマートラブドールの骨格

 男女人口比が116:100と、歪みが顕著になっている中国では、約3,300万人の男性がパートナーを得られないという試算になる。そんな中、成長の一途をたどっているのが、ラブドールをはじめとするアダルトグッズ市場だ。今や世界のアダルトグッズの8割が中国で生産されているといい、その市場規模は6,600億円にも達する。世界が注目する巨大マーケットとなりつつあるのだ。

 そんな中国で、ある企業がAIを搭載した超高品質なスマートラブドールを開発。量産を開始したとして話題になっている。

 中国メディア「百家号」(2月3日付)によると、世界最先端技術を搭載した高性能ラブドールを開発したのは、大連市にあるラブドールの製作販売会社Ex doll。同社によると、同製品には人工知能AIが搭載され、会話が可能となったばかりではなく、Wi-Fi対応の家電と接続することにより、家事までこなすというのだ。

 Ex doll社は2016年から人工知能を搭載したスマートドールの研究開発を進めており、2年の歳月を経てスマートラブドールの開発に成功したという。

Ex Doll社の公式ホームページ上のサンプル品。非常に精工で美しい
オーダーメイドの場合はこうして身長やスタイルを画像から選び自分好みのスマートラブドールの作成が可能だ

 販売価格は1体2万5,000元(約41万円)からで、毎月400体が生産販売されている。また、オーダーメイドが可能で、皮膚の色、胸の大きさ、髪型、目の色、身長などを購入者が自由にカスタマイズできる。

 購入はEx doll社の公式ホームページから可能で、すでにヨーロッパやアメリカなど海外からも注文が殺到しているという。Ex doll社は今後、商品の性能を向上させ、一人暮らしのお年寄りや病人、障害者などの医療分野でも活用させていきたいと、メディアの取材に答えている。

「男は仕事で女は家事」という封建的な家庭の在り方が崩壊してしまった今、男性にとって癒しになるのは人間の女性よりも人形なのかもしれない?
(文=青山大樹)

最終更新:2018/04/02 17:33
こんな記事も読まれています
関連キーワード

中国企業がAI搭載のリアルドールを開発! 月400体の量産体制へ「瞳や胸も、お好みのままに……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

英語を仕事にできるか・できないか

 一言で「英語ができる」といっても色々な段階があるが、その最高峰といえるのが「仕事で...
写真