日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > フジ、長澤まさみより脚本家を宣伝

『コンフィデンスマンJP』主演・長澤まさみより脚本家を大きく扱うフジの思惑「アノ作品の続編を……」

フジテレビ系『コンフィデンスマンJP』番組サイトより

 4月スタートの連ドラでも注目度が高そうなのが、『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)だ。11年ぶりの月9主演となる長澤が詐欺師に扮し、さまざまなセクシーコスプレを披露するとあって、男性誌では長澤のお色気遍歴にスポットを当てる企画が目立つ。

 しかし、フジテレビのアピールポイントは、そこではなかったようだ。テレビ誌ライターが言う。

「番組の公式サイトで予告映像が公開されているのですが、そこで真っ先に流れるのが、『脚本 古沢良太 最新作』の文字です。画面いっぱいにデカデカと表示され、長澤ら出演者のクレジットが入るのは、その後しばらくたってからで、名前のサイズも古沢氏の3分の1以下。古沢氏は過去に同局で『リーガル・ハイ』をヒットさせていますから、彼を大々的に持ち上げることで、『リーガル・ハイ』の続編への布石としたい思惑が見え隠れします」

 視聴率が爆死続きのフジドラマだが、昨年放送された『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の続編だけは、数少ない高視聴率ドラマだった。昨年、赤字転落となったフジだけに、ヒット作の「続編」にすがりつくのが一番手堅いと考えていることは予想がつく。しかし、『リーガル・ハイ』の続編には高い障壁があるという。テレビ関係者が語る。

「もちろん、レギュラーだった元KAT-TUNの田口淳之介が、ジャニーズ事務所を退社していること、プロデューサーがフジを退社し、テレビ東京に移籍しているのも大きい。しかしそれ以上に高いハードルとなっているのが、ヒロインの新垣結衣です。『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)のメガヒットに続き、主演映画『ミックス。』では、日本アカデミー賞の優秀主演女優賞に選出されるなど、女優としての格が高くなりすぎてしまった。おそらく、彼女が主演以外で連ドラに出演するのは『コード・ブルー』が最後でしょう。もし、『リーガル・ハイ』の続編があったとしても、ヒロインは主演の堺雅人と同じ事務所の夏目三久になるのではないでしょうか。古沢氏を大々的に持ち上げたところで、それほどフジにうまみがあるとは思えないのですが」

 あとは『コンフィデンスマンJP』が『リーガル・ハイ』を超えるヒット作となるのを祈るしかなさそうだ。

 

最終更新:2018/03/12 12:00
こんな記事も読まれています

『コンフィデンスマンJP』主演・長澤まさみより脚本家を大きく扱うフジの思惑「アノ作品の続編を……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

前澤氏は脅迫トラブルを説明すべき

今週の注目記事・第1位「剛力彩芽破局の裏で前澤...…
写真
インタビュー

最恐メンタル、クロちゃんの真実

 単なるウソつきか、それともモンスターなのか――。仕掛けるたびにスタッフすら...
写真