日刊サイゾー トップ > 社会 > 海外  > 韓国トンデモ“兵役逃れ”列伝

半年で体重30キロ増量……だけじゃない! 韓国トンデモ“兵役逃れ”列伝

※イメージ画像

 18歳から29歳までの男性に、約2年間の兵役の義務がある韓国。兵役期間中は社会から断絶され、過酷な訓練が課せられるだけに、韓国の男性にとって、兵役はかなりセンシティブな話題だ。

 そんな韓国で最近、とんでもない“兵役逃れ”を行ったとして、21歳の男が摘発されて話題になった。わざと体重を増やし、軍入隊を回避しようとしたのだ。

 韓国の徴兵制度では、体重が過度に多い場合は軍入隊が免除される(過度な低体重の場合も同様)。男は徴兵身体検査を控えた2016年初め、インターネットなどを通じてその事実を知ると、すぐさま自身の肥満化に取り組み始めた。

 男は当時、身長180センチ、87キロと平均的な体形だったが、食事量を急激に増やした結果、同年5月に行われた徴兵身体検査のときは107キロまで体重が増加。BMIが33.3に達したことで、徴兵身体検査の規則により、現役兵ではなく社会服務要員に分類された。社会服務要員として招集されると、国家機関や地方自治団体、公共団体、社会福祉施設で社会サービス事業や行政業務などに従事することで、それが兵役と見なされる。男は小躍りしたい気分だったことだろう。

 ただ、BMIが33以上~35未満の場合は一定期間を置いて抜き打ちで再検査が行われるため、軍入隊を避けたい男は、その後も死に物狂いで食べまくり、2カ月後に実施された再検査では、体重113.6キロ、BMI35.2を記録した。男は約6カ月間で30キロ近く増量したわけだ。

 しかし、男の計画は結局、失敗してしまう。急激な体重の変化を怪しんだ兵務庁と警察の調査を受け、男の肥満化計画が発覚。兵役義務の回避について定めた兵役法第86条の規定などによって、懲役6カ月、執行猶予1年の判決が下された。男は罪を認め、現役兵として入隊する意思を明かしているという。

 兵役逃れのために太りまくった甲斐もなく、挙句の果てには前科までついてしまったこの男。兵役制度のない日本ではあり得ないニュースだが、実は韓国ではそれほど珍しい事例ではない。

 韓国国防部がまとめた資料によれば、13年~17年上半期の4年半の間に摘発された兵役逃れは227件。そのうち「故意の体重増減量」が57件でもっとも多かったのだ。ちなみに「精神疾患偽装」(52件)と「故意の入れ墨」(同)、「眼病疾患偽装」(22件)がそのあとに続く。

 同資料によれば、摘発件数自体も13年45件、14年43件、15年47人、16年54人と一向に減る気配がなく、韓国男性の兵役に対する拒否感が伝わってくるが、兵役逃れの方法もさまざまだ。

 例えば14年には、現役兵に分類された男が酔い止めパッチ「キミテ」を目に貼って兵役を逃れようとし、懲役1年、執行猶予2年の判決を言い渡されている。「キミテ」の主成分であるスコポラミンが目に入ると虹彩に作用し、瞳孔が拡大する副作用を悪用し、視力障害を故意に作ったという。

 また16年には、修士・博士レベルの理工系人材を対象とする「専門研究要員」として3年間の兵役生活を送っていたベンチャー企業経営者が、研究をほっぽり出して会社経営を行っていたこともあった。いったん兵役に就いておいて、兵役義務をまっとうしないというパターンもあるのだ。この男は、存在しない学会をでっちあげて不正に海外出張もしていたという。

 お金や家柄に物を言わせる手法もある。ハンソルグループの3代目とされる男は、国防部傘下・兵務庁が指定する企業で働く「産業技能要員」として兵役を務めたが、JTBCテレビの報道によると勤務地の社長が「便宜を図り」、1年10カ月間にわたって欠勤していた。また、「一洋薬品」も、同じく産業技能要員に分類された3代目の勤務地を、意図的に自社に指定して特恵を与えたとの疑惑が持ち上がったことがある。こうした事件は韓国で、“皇帝兵役逃れ”と見出しが付いて報じられている。

 そのほかにも、医者とグルになって何の問題もないのに膝の手術をする、痛風のニセ診断書を提出するなど、兵役逃れの手口は多種多様だ。処分を強化するなど韓国政府も対応しているが、規制が強まるほど、兵役逃れの手法はますます巧妙になっていくかもしれない。
(文=S-KOREA)

●参考記事
・「えっ、そんな理由で?」兵役を免除された20人の韓国芸能人を一挙紹介!!
http://s-korea.jp/archives/16238?zo=1
・ドクロマーク大好き!! G-DRAGONが入所した「白骨部隊」は一体どんなところ?
http://s-korea.jp/archives/30022?zo=1

 

最終更新:2018/03/31 18:00

半年で体重30キロ増量……だけじゃない! 韓国トンデモ“兵役逃れ”列伝のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

からし蓮根がたどり着いた熊本弁漫才

2画面左からボケの伊織とツッコミの杉本青空(撮影=荒熊流星)  ついに明日、今年のNo....
写真