日刊サイゾー トップ > 芸能  > あゆの「バックコーラス男」に仰天

“お浜”浜崎あゆみの「バックコーラス男」に視聴者仰天! 「体形隠し作戦か?」

TBS系『CDTV』公式Twitter(@TBSCDTV)より

 視聴者は、どちらに視線を向ければいいか戸惑ったようだ。

 4月7日放送の『CDTV祝25周年SP』(TBS系)で、浜崎あゆみが久々に同番組に登場。真っ白のウエディングドレスに身を包み、ヒット曲「SEASONS」「SURREAL」を熱唱した。

 しかし、まるまると肥え太った姿に、ファンからは「お浜さん、太ましい」「お浜さん、デブすぎて声が志村けんみたいで怖かった」などと悲鳴が上がった。

「かつて『ギャルのカリスマ』と言われた“あゆ”ですが、ネット上では新愛称の“お浜さん”がすっかり定着しています。今回のテレビ出演により、SNSにアップされたスリムボディの写真は大幅に修正されていたことが確定しましたね。声にも伸びがなく、サビの部分が途切れ途切れ。見ていて痛々しかったですね」(芸能ライター)

 ところが、この日はそんな“お浜”の背後にいた謎の男にも視聴者の視線がクギ付けになったのだ。パンツ一丁の半裸で、乳首をハートのシールで隠し、腰まで伸びた金髪ロングヘア、筋骨隆々でレスラーのようなガタイの良さ。この異様ないでたちに、ネット上では「まるで『北斗の拳』(集英社)に出てきそうな世紀末感がヤバすぎ」「カズレーザーの亜種が登場」「太った自分から視聴者の意識をそらす、お浜の作戦?」などと声が上がり、主役級に注目を浴びることとなった。

「バックコーラスを務めたその男性は、英国出身の『ティミーさん』です。浜崎のライブではおなじみですが、さすがに初見の視聴者は仰天したでしょうね。普段はアーティストとしても活躍しているのですが、そのキャラに浜崎が惚れて、一緒に活動するようになった。ちなみに、ティミーは浜崎がつけたあだ名で、本名は『ティモシー』さんです。放送後、彼のホームページは閉鎖されているのですが、アクセスが殺到したのかもしれませんね」(音楽ライター)

 ティモシーとの珍コンビで、“お浜”がお笑い枠として再ブレークしそうな予感だ。

最終更新:2018/04/11 10:00
こんな記事も読まれています

“お浜”浜崎あゆみの「バックコーラス男」に視聴者仰天! 「体形隠し作戦か?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

“二番手芸人”かまいたちの野望

「テレビマンがいま一番キャスティングしたい芸人」「ポスト千鳥」……昨年、東京進出を果...
写真