日刊サイゾー トップ > インタビュー  > “超攻撃的格闘”朝倉兄弟の矜持

“超攻撃的格闘兄弟”朝倉未来・朝倉海が語る「アウトサイダー出身」という矜持

左が兄の未来、右が弟の海。

 イケイケのファイトスタイルで人気を集める総合格闘家の「朝倉兄弟」が、その真価を問われる戦いに臨む。まずは『THE OUTSIDER(以下、アウトサイダー)』を卒業したばかりの兄・朝倉未来(25)が4月28日(土)、後楽園ホールにて開催される『DEEP83 IMPACT』で、豊富なプロ経験を持つCORO(29)と対戦。続けざまに弟・朝倉海(24)も5月6日(日)、マリンメッセ福岡にて行われる『RIZIN.10』で、“アンゴラの暴走王”ことマネル・ケイプ(24)と拳を交える。ゴールデンウィークの幕開けとフィナーレを飾る注目の2戦。出陣を目前に控えた兄弟に話を聞いた。

――まずはお兄さん、アウトサイダー卒業おめでとうございます。

朝倉未来(以下、未来) ああ、どうも(ニコリともせず)。

――アウトサイダーでのやり残しはないですか?

未来 ないですね。最後(3月11日)にやる予定だった試合が、俺のケガが原因で流れてしまったのは残念だし、相手にも申し訳ないことをしたと思っていますけど、実力的にはもう、アウトサイダーには敵がいない状態だったので。

――アウトサイダーの前田日明代表から、はなむけの言葉はありましたか?

未来 「他の団体に出るにしても、変な使われ方をするなよ」と言われました。1週間前のオファーとかは断れ、ってことだと思います。

――現在、ヒザのケガは完治しましたか?

未来 はい、大丈夫です。

――格闘技に専念するために、昨夏、弟さんと共に愛知の豊橋から上京したそうですが、東京での生活には慣れましたか?

未来 仕事(所属ジムでのトレーナー業務)か練習しかしていないし、行動範囲も出稽古先と職場と家の往復に限られているから、東京に慣れたわけじゃないけど、この生活には慣れました。愛知時代は1日2時間しか練習できなかったけど、今は職場でも練習をできるので、格闘技漬けの毎日ですね。こっちは練習相手が多いし、トッププロの選手たちから技術を学べる機会も多いので、成長度が全然違います。打撃、寝技、レスリング、体力、そのすべてが上京してから格段に向上しました。

――次戦『DEEP83 IMPACT』への出場が決まる過程を、Twitter上でほぼリアルタイムで見ていたのですが、ああいうオファーの形も現代的で面白いですね。未来選手が「アウトサイダーを卒業した。早く実力を試したい。オファーがあれば最速で闘う」とツイートした直後に、DEEPの佐伯繁代表が「オファーをしたいです」とリプライ。CORO選手が続けざまに「俺とやろうよ!」とリプライし、トントン拍子で話がまとまったという。

未来 そういうのも、いいんじゃないですかね。簡単に試合を決められるのを見ていれば、他の選手の参戦意欲も高まるし、ファンも盛り上がりますから。

――『DEEP』の佐伯代表とは、それ以前に面識はあったのですか?

未来 いや、ないです。でも『DEEP』じゃないにしても、どこからか必ずオファーは来るだろうと思っていました。アウトサイダーは良くも悪くも知名度があるので、そこで俺がベルトを2つ獲ったということは、格闘技をやっている人ならだいたい知っているでしょうから。イロモノ扱いされているのか実力を買われているのかは正直どっちでもよくて、与えられた場で、きっちり勝ち続ければいいと思っています。

――CORO選手との面識は?

未来 ないです。でも最速でオファーしてくれたので、こっちも即答でOKしました。相手は誰でもよかったので。

――「1Rで終わります」とTwitterで宣言しましたが、その根拠は?

未来 決定力があるのが俺の持ち味ですし、試合が決まってから対戦相手の試合動画を見て、「行けるな」と客観的に思ったから、そう書いたまでです。

――CORO選手は『パンクラス』で20試合以上戦ってきた経験豊富なファイターですが、怖さは感じませんか?

未来 過去の戦績は、全然関係ないと思っています。今の俺には負ける要素がない。それだけのことです。

――相変わらず強気ですね。では、ここからは弟さんにお話をお伺いします。昨年末の『RIZIN』デビュー戦で見事、才賀紀左衛門選手を派手なTKOで下しましたが、その試合を振り返ってみて思うことは?

朝倉海(以下、海) 勝てたことはよかったし、KOシーンもまあ気持ちよかったんですけど、力を出しきれなかった部分もありました。緊張感は全然なかったけど、倒そう倒そうという気持ちが強すぎて、大振りになっちゃったのが反省点ですね。最後も、もっとコンパクトに行ければ、一番よかったんですけどね。

――セコンドにいたお兄さんは、弟さんの戦いぶりをみてどう思いましたか?

未来 動きが悪いな、力んでいるな、本来ならここまで手こずる相手じゃないのにな、と思いました。あと、弟も俺もこっちに来て一番成長したのはレスリング力で特にテイクダウンディフェンスなんですが、試合の展開上、それを見せられなかったな、とも思いました。紀左衛門選手みたいなストライカーじゃなく、グラップラーとぶつかれば、俺らの成長ぶりが一番よくわかると思います。


123
こんな記事も読まれています

“超攻撃的格闘兄弟”朝倉未来・朝倉海が語る「アウトサイダー出身」という矜持のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

阿佐ヶ谷姉妹インタビュー

 人情味あふれる町・阿佐ヶ谷の6畳一間のアパートで、本物の姉妹でない2人の40代女性...…
写真