日刊サイゾー トップ > 社会  > キリン公式Twitterで女性蔑視!

キリンビバレッジの「午後ティー女子像」が女性をバカにしていると話題に! 大炎上で謝罪するも、いまだ鎮火せず!

キリンビバレッジ公式Twitterより

 ここ近年、企業の公式Twitterが人気を博している。人間味ある自虐的な投稿がウケ、話題となった大手家電メーカーのSHARPからはじまり、健康器具メーカー大手のタニタなど、現在さまざまな企業が公式Twitterを開設している。

 そんな中、大手清涼飲料メーカー・キリンビバレッジが公式Twitterに投稿したツイートが騒動を巻き起こした。

 4月26日、キリンビバレッジが公式Twitterにて「4月は出会いの季節! ですが、みなさん新生活には慣れましたか!? みなさんの周りにいそうな#午後ティー女子 をイラストレーターのつぼゆりさんに描いてもらっちゃいました!確かに私の周りにもいる…かも#いると思ったらRT #私だと思ったらFav #午後の紅茶」という文と共に女性を描いたイラストを投稿。イラストは4枚ありそれぞれ女性像が描かれているのだが、これを見た女性から、「女性をバカにしていて酷い」と批判が起こったという。

キリンビバレッジ公式Twitterより

「4種類の午後ティー女子像を投稿したんですが、“モデル気取り自尊心高め女子”“ともだち依存系女子”“仕切りたがり空回り女子”“ロリもどき自己愛沼女子”という、タイトルからして女性をバカにしている内容だったために、ネットでは大炎上。『購買層をバカにしているの?』『午後ティー好きだったけど、これからはリプトンにする!』といった声が殺到していました」(女性誌編集者)

 SHARPのように自虐的な内容で、話題にしようとしたのかもしれないが、これでは、自虐ではなく購入層である女性たちをバカにしており、「逆効果では?」と思ってしまうのだが……。

 さらに、これが発端となり企業の公式Twitter全体に対しても、批判する声が上がっているという。

「あるサイトでは、『キリンビバレッジの広報部がバカすぎ!』との声が続々と上がっていますが、中には『話題になりたいがために、こういうツイートする企業が増えてきていて不快!』と企業の公式Twitterを批判し、さらに『全企業、公式Twitterなんてやめろ!』といった声も続々上がっていました」(同)

 ちなみに、キリンビバレッジは5月1日にツイートを削除し、謝罪。「この度、キリンビバレッジ公式アカウントにおける午後の紅茶の投稿について、お客様にご不快な思いをおかけし大変申し訳ございませんでした。深くお詫び申し上げます」と述べたが、これに対しても、「出た、『ご不快な』お気持ち。そちら側の問題とでも言いたげ」といった声が多数あがっており、女性購入者の反感をさらに招いている状態だ。

 話題にしたいと思うのは結構だが、あまり過度なツイートをすると、一気に支持を失うということを企業側にはしっかりと認識してほしいものだ。

最終更新:2018/12/12 17:13
こんな記事も読まれています
関連キーワード

キリンビバレッジの「午後ティー女子像」が女性をバカにしていると話題に! 大炎上で謝罪するも、いまだ鎮火せず!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

“コント職人”ラバーガールの現在地

『エンタの神様』(日本テレビ系)などで知られるコント師・ラバーガールが、2年連続で全国...…
写真