日刊サイゾー トップ > 芸能  > 山口達也“強制わいせつ”訂正報道の怪

TOKIO・山口達也“強制わいせつ”やっぱり拭えない「部屋にもう1人がいた」訂正報道の怪

 世間をあっと騒がせた、TOKIO・山口達也による女子高生への強制わいせつ容疑。書類送検が明らかになったことで、すでにレギュラー番組降板はもちろん、他のメンバーと一緒に出ていた番組も山口の出演部分がカットされた上で総集編が放送されるなど、各方面に影響が出ている。だが、一連の報道で唯一気になるのが、ある報道が「訂正」されたことだ。

 訂正報道を出したのは、フジテレビ。山口が会見を開いた26日夕方の報道番組『プライムニュース イブニング』内で、会見で語られた内容の一部が事実と異なると指摘。独自取材で、山口の自宅に男性が「もう1人いた」と報じたのだ。この報道が断定的に行われたことで、仮にもう1人いたとなれば、その人物はいったい誰なのか? そして山口が女性に迫っていたのを、なぜ止めなかったのか? などと、話題がさらに大きくなる可能性があった。

 ところが同日夜の『FNNプライムニュース α』でフジテレビは、これを訂正。同局の男性アナウンサーが謝罪する事態に発展した。

 こうなると、ただでさえ視聴率がガタ落ちな上に、さまざまな案件であちらこちらから叩かれまくっているフジテレビだけに、さらにバッシングを加速させてしまいかねない失態。だが、ある民放局関係者は「誤報と断定するのは早い」と待ったをかける。

「要は、ジャニーズ側から示談したことを理由にフジ側に“圧力”がかかり、その結果訂正したのでは、という話が根強くささやかれている」(同)

 テレビ各局とジャニーズは長年、蜜月の関係を築いており、今回の報道も事実を淡々と報じるパターンが多い。

「フジの場合は、ワールドカップバレーでV6、NEWSなどジャニーズの新たなグループのデビューの場所を提供している。今後も、その流れは続くわけで、新事実をそのままジャニーズが認めれば都合も悪い。単なるフジテレビの“誤報”なのか、何か裏に事情があったのか……」(同)

 いずれにしろ、「部屋にもう1人」疑惑の真相は闇の中に葬られてしまった。

 

最終更新:2018/05/02 13:30
こんな記事も読まれています

TOKIO・山口達也“強制わいせつ”やっぱり拭えない「部屋にもう1人がいた」訂正報道の怪のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

歩く伝説・山本政志監督が大作を語る

 1980年代に盛り上がったインディーズムーブメントにおいて、その中心にいた人物が山...
写真