日刊サイゾー トップ > 芸能  > TOKIOメンバーに「セクハラ爆弾」か

TOKIO・山口達也だけじゃない!? 他メンバーにもくすぶる「セクハラ爆弾」のウワサ……

 山口達也が強制わいせつ事件を起こした人気グループ・TOKIO。“身内”であるTOKIOの他メンバー4人は2日、そろって都内のホテルで会見を行い、一連の騒動を謝罪した。

 400人近い報道陣が詰めかけた会見では、リーダーの城島茂が被害者および関係各所に対し「TOKIOのメンバーとして深くおわび申し上げます」と頭を下げ、他のメンバー3人もそれぞれの言葉で謝罪した。

 会見では、山口がメンバーに対し、グループ、並びにジャニーズ事務所を辞めることを「退職願」の形で提出したと報告。その後、6日になってジャニーズから山口の契約解除が発表された。

 今後、気になるのは山口の被害に遭ったとされる女性、さらにいまだ公にされていない「未遂事件」の数々が白日の下にさらされることだろう。

 ある週刊誌芸能デスクは「すでにライバル誌は『山口の裏の顔を証言する人物に接触している』とか、『これまで明らかになっていない新事実が載りそう』などといった情報が飛び交っている。老若男女誰でも知っているグループだけに関心度も高く、TOKIOについて報じれば、その分、反響も大きく、雑誌も売れると見込んでいる」と証言する。

 また、こんな話もある。今回の山口の件が引き金になって、他のメンバーの「裏の顔」まで公になるのでは? という話だ。

「正直、週刊誌にタレ込もうか迷っている」と明かすのは、ある芸能プロ幹部だ。

「うちの所属女性タレントで、数年前に別のTOKIOのメンバー・Xと番組共演していたのですがその際、間接的に2人での食事やデートを迫られて、本人が困ってしまうことがあった。幸い、番組プロデューサーがこれを察知して盾となり、なんとか難を逃れたが、セクハラやパワハラに敏感な今なら十分、告発する意義はある」(同)

 この番組では、別の番組責任者が女性出演者やスタッフに対し「Xに誘われても、絶対にスルーした上で、プロデューサーに報告するように」と徹底したことで、今までトラブルに発展していなかったという。

 今回、思わぬ形で山口が“パンドラの箱”を開けてしまった。その余波が懸念される。

最終更新:2018/05/07 23:00
こんな記事も読まれています

TOKIO・山口達也だけじゃない!? 他メンバーにもくすぶる「セクハラ爆弾」のウワサ……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

ここがヘンだよレコード会社

 今年3月、麻薬取締法違反容疑で逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の実刑判決が言い...
写真