日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース  > 「火渡りの儀式」で大やけど

心頭滅却すれば火もまた涼し……じゃなかった! 「火渡りの儀式」でインド人僧侶が大やけど

 

ファッションショーのランウェイのような炭の道で倒れ込むクマールさん

地面に熱した炭を敷き詰め、その上を裸足で歩く火渡りの儀式が盛んに行われているインドで、凄惨な事故が起きた。

 

 4月28日、カルナータカ州ラマナガラ地区のヒンドゥー寺院で催された祭りの中で行われた火渡りの儀式に参加した修行僧のビジャイ・クマールさん(35)が、燃え盛る炭の上で前のめりに倒れ込み、彼を救出した2人の修行僧とともに全身に大やけどを負う事態となったのだ。

仲間の修行僧が、クマールさんを火の中から救出する

 現場で撮影された写真を見ると、炭が敷き詰められた幅2メートル、長さ10メートルほどの「ランウェイ」を見物客が取り囲み、その中ほどでクマールさんが前のめりに倒れ込んでいる。その直後、彼が自力で立ち上がることができないとみるや、2名の修行僧がランウェイに飛び込み、クマールさんを抱きかかえて救出したようだ。

 3人はセントジョーンズ医療大学病院に搬送されたが、クマールさんは両足の60%に、クマールさんを救助した2人の修行僧も、それぞれ全身の15~20%に重度のやけどを負った。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

心頭滅却すれば火もまた涼し……じゃなかった! 「火渡りの儀式」でインド人僧侶が大やけどのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

ジャニー氏逝去をめぐる情報操作

 7月9日23時半、テレビやスポーツ紙 の ...…
写真
インタビュー

レイプ殺人や自殺が相次ぐ地域って!?

 人間が住むべきではない土地がある。そんな土地に人間を強制移住させたら、どんなことが...…
写真