日刊サイゾー トップ > 海外  > スタンダップコメディアンと移民ラッパーの邂逅
Saku Yanagawa×Moment Joon対談

「わかる人にだけわかる」日本のお笑いは差別を助長するのか―アメリカで奮闘するスタンダップコメディアンと移民ラッパーの邂逅

文=武松佑季(たけまつ・ゆうき)

「わかる人にだけわかる」日本のお笑いは差別を助長するのか―アメリカで奮闘するスタンダップコメディアンと移民ラッパーの邂逅の画像1
saku yanagawa(左)とMoment Joon(右)。

 スタンダップコメディとラップ――。ともにマイクひとつでパフォーマンスするカルチャーを、体ひとつで異国を舞台に奮闘するふたりの対談が実現した。

 ひとりは、スタンダップの本場・アメリカへ着の身着のままで渡り、キャリアを積み重ねるうちにコメディアンとして現地で高い評価を得るようになった、本サイトでも「スタンダップコメディを通して見えてくるアメリカの社会」を連載中のSaku Yanagawa。

 そしてもうひとりは韓国生まれで大阪在住、日本に暮らす外国人の視点から日本語の楽曲を通して日本社会に痛烈なメッセージも発信する“移民者”ラッパー、Moment Joon。

 ふたりは同年代で、ともに大阪大学出身(Momentは同大学院に在籍中)ということで、今回はSaku初の著書『Get Up Stand Up! たたかうために立ち上がれ!』の出版を記念して、母校の大阪大学豊中キャンパスでトークイベントを開催&配信することに。

 異国での活動の難しさ、そしてポリティカルコレクトネスの今など、社会問題に切り込む刺激的な対談となった。

「“傷つけない笑い”という言葉が大嫌い」(Saku)

 イベント序盤はしゃべりのプロであるSakuが笑いを交えてトークをリードしつつ、互いのカルチャーについて言及。Momentが「自分の美学と受け入れられる楽曲の違いから、日本で日本語ラップをすることに葛藤を覚えることがある」と語れば、Sakuも「アジア人が西洋圏で成功するためには、伝統的に自分のオリエンタル性を強調することが求められてきた」とセルフオリエンタリズムを引き合いに出して、文化圏の違う異国でのパフォーマンスの難しさを説明。

 Sakuは「自分たちの人種や特徴で自虐的に笑いを取るのは、ステレオタイプ化を助長しているだけではないのか」という疑問を覚えていたが、ロニー・チェンというマレーシア生まれの中華系コメディアンが出自を誇りにした笑いでアメリカで話題になっていることに触れ、マイノリティが表現する笑いのあり方を熱弁。するとMomentも、「ヒップホップも自分のステレオタイプ化はあって、それをどうカッコよく見せるのか、というのがある。(笑いを取るという意味では)真逆だけど、使ってる戦術は一緒かな」と、ステレオタイプ、偏見に立ち向かう互いのカルチャーの共通点を指摘した。

 昨今なにかと取りざたされる“傷つけない笑い”という言葉が大嫌いだというSakuは語る。

「ジェンダー、人種、出自という変えられないものこそ笑いにしてはいけないが、芸術としてオーディエンスに笑いを通して内在する差別意識などへの“気づき”を与えたい」と、自身のスタンダップコメディ哲学を語る。そして今回、それが発揮されたのは、Sakuがアメリカで、現地の人に日本語で話しかけられる機会が多い、というジョークのくだり。

「この前も(とある外国人が)『ナゾカケ デキマ~ス!』って話しかけてきたんですよ。そしたら、『ジンセイ ト カケマシテ パンツ トトキマス ソノココロハ ドチラモハカナイモノデ~ス!』と言われて……。いや、なんでお前が今ノーパンであること発表してんねん!」

 会場はここで笑いに包まれた。しかし、「もし僕が白人で、みなさんも白人だったら、このジョークで笑うのはアウト。なぜなら、マジョリティの僕がマイノリティのアクセントのモノマネをしたから。今アメリカでは外国人のアクセントをマネして笑いを取るのはアウトなんです。今あえて僕はこのジョークを披露したから、(なぜこのジョークで笑ってしまったのか)みんなも家で考えてね(笑)」と、日本人なら誰しもが持つであろう内在する差別意識を皮肉った。

12

「わかる人にだけわかる」日本のお笑いは差別を助長するのか―アメリカで奮闘するスタンダップコメディアンと移民ラッパーの邂逅のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

オードリー若林、ラップを粗品に褒められ喜び

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

藤井隆が語る角川映画の真髄

 70年代~80年代。日本のエンターテイメントを牽引し続けた角川映画。その中心にいた...
写真